渡辺創太のスターテイル、秋元康のアイドルプロジェクトとweb3領域で提携。Astar zkEVMがPJに採択

スターテイルが秋元康のアイドルプロジェクトとweb3領域で提携

Startale Labs(スターテイルラボ)が、秋元康氏の総合プロデュースのもと創出・育成する男性アイドルプロジェクトとの戦略的パートナーシップ契約を2月7日発表した。

この契約は、同プロジェクトにおける、トークンを用いたアイドル経済圏確立、グローバル化に向けたものだという。これにあたり、同プロジェクトおよびトークンの基盤として、スターテイルラボが開発に携わるイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2「Astar zkEVM」が採択されたとのこと。

このアイドルプロジェクトでは、ブロックチェーン技術により、ファンとアイドルの関係を根本的に変える革新的な手法を提供し、世界中のファンが地域や言語の壁を超えてアイドルグループを応援することを可能にするという。

また暗号資産交換所でトークンを購入するだけでなく、アイドルグループを応援・サポートする活動(楽曲の視聴、CDやグッズの購入、イベントへの参加、UGCコンテンツの投稿、キャンペーンの参加など)がトークン獲得に直接結びつくエコシステムの確立を目指すとのこと。

さらにトークン経済に世界中の誰もが簡単に参加できるようグローバル言語でコンテンツを展開、プロモーションを行っていくとのことだ。

なお同アイドルプロジェクトは、アソビシステム・ツインプラネット・W TOKYO・Y&N Brothersらが設立した合弁会社「株式会社YOAKE entertainment」が手掛けるという。今回スターテイルラボのCEOである渡辺創太氏は同合弁会社の取締役に就任したとのこと。

同アイドルプロジェクトでは、アソビシステムとツインプラネットがアイドルグループのマネジメントおよび運営を担当し、グローバルな活躍を牽引。また東京ガールズコレクションを日本最大級のプラットフォームに育て上げてきたW TOKYOのノウハウやネットワークを活かし、アイドルグループが活躍できるプラットフォームを提供するとのこと。

なお同合弁会社の取締役には関係各社の代表者も就任しているとのことだ。

スターテイルラボは、Astar Foundation(アスター財団)やWeb3 Foundation(Web3財団)、その他のプロジェクトや大企業との協業を通して、マルチチェーン対応のアプリケーションやインフラを開発するweb3テック企業。同社のCEOは、日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network(アスターネットワーク)」のファウンダー渡辺創太氏が務めている。

関連ニュース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している