Polygon Labs、ブロックチェーン相互運用に向け「AggLayer v1」公開へ

Polygon LabsがAggLayer v1を発表

ポリゴンラボ(Polygon Labs)が、ブロックチェーンを統合したネットワークの構築を目的にしたアグリゲーションレイヤープロトコル「アグレイヤー(AggLayer)」を1月25日に発表した。なお同社は2月に「アグレイヤー v1(AggLayer v1)」メインネットをローンチする予定も発表している。

「アグレイヤー」は、ゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)の使用により、同プロトコルへ接続したL1チェーンやL2チェーンを単一のブロックチェーンを操作しているように感じられるほどシームレスに接続するプロトコル。

同プロトコルは完成後、ポリゴンの新しいロードマップ「Polygon2.0」において中心的なコンポーネントとして使用されるとのことで、ポリゴンエコシステム内のブロックチェーン同士を繋げるようだ。

ブロックチェーンはこれまで「モノリシック」と「モジュラー」の2つのパラダイムが存在した。

「モノリシック」のチェーンは、イーサリアム(Ethereum)やビットコイン(Bitcoin)のようなブロックチェーン内のすべてのコア機能を単一のレイヤーで処理する仕組みのブロックチェーンを指す。

これは比較的シンプルな設計であるため構築が容易であるものの、トランザクション増加によりスケーラビリティの低下や、バリデータのハードウェア要件が肥大化してしまう欠点がある。

その欠点を解決するため、「モジュラー」のチェーンが登場した。「モジュラー」では、機能ごとにモジュール化されたプロトコルを使用することで、開発やメンテナンスの難易度が上がる代わりに、スケーラビリティが向上し、ハードウェアの過剰な肥大化も抑えられる。

しかしこの「モジュラー」にも流動性やユーザーの断片化といった欠点が存在した。

ポリゴンラボによると「アグリレイヤー」がテーマにする「Aggregated(集約)」は、「モジュラー」に続くブロックチェーンの新しいカテゴリであるという。

「アグリレイヤー」は、「モノリシック」と「モジュラー」両方の利点を統合し、高いスケーラビリティを保ちながら流動性やユーザーの断片化を防ぐ設計になっているとのことだ。

ポリゴンラボによると、2月には初めのバージョンとして「アグレイヤー v1」がリリースされ、今年の後半には非同期でのクロスチェーントランザクション機能をサポートした「アグレイヤー v2(AggLayer v2)」がリリースされるとのことだ。

関連ニュース

参考:ポリゴンラボブログ
images:iStocks/DKosig

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない