ブロックワン子会社ブリッシュ、米コインデスクを100%買収

ブリッシュの独立子会社として運営へ

暗号資産(仮想通貨)取引所運営のデジタル資産フィンテック企業ブリッシュ(Bullish)が、暗号資産メディア米コインデスク(CoinDesk)を買収したと11月21日発表した。

コインデスクは、暗号資産に特化したベンチャーキャピタルのデジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group:DCG)からブリッシュに現金取引で100%売却されたが、金額など取引条件は明らかにされていない。なお今後コインデスクは、引き続き現CEOのケビン・ワース(Kevin Worth)氏と既存の経営陣が率い、ブリッシュグループの独立した子会社として運営されるとのこと。

またコインデスクには、元ウォール・ストリート・ジャーナル編集長のマット・マレー(Matt Murray)氏を委員長とする編集委員会の設置も発表されている。

2021年11月にローンチされたブリッシュは、ニューヨーク証券取引所の元社長トム・ファーリー(Tom Farley)氏が代表を務める暗号資産取引所であり、アジア太平洋、ヨーロッパ、アフリカ、ラテンアメリカの50以上の管轄区域で利用可能だという。

ファーリー氏は今回の買収に際し声明にて、「私たちはコインデスクの最もエキサイティングな成長戦略のいくつかに資本を注入し、新しいサービス、イベント、製品の立ち上げを後押しする」とコメントしている。

なおブリッシュの親会社は、暗号資産イオス(EOS)のオープンソースネットワークを開発するブロックワン(Block.one)だ。

関連ニュース

参考:ブリッシュ
images:iStock/ivanmollov・Pict-Rider

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored