米コインデスクの買収交渉が大詰めか、取引額は約176億円=WSJ

米コインデスクの買収交渉が大詰めか

ブロックチェーン投資家のマシュー・ローザック(Matthew Roszak)氏とピーター・ヴェッセネス(Peter Vessenes)氏が率いるグループが、米web3メディアのコインデスク(CoinDesk)の買収取引について大詰めを迎えていると、ウォールストリートジャーナルが関係者の話を引用して7月20日報じた。なおこの取引は1億2500万ドル(約175.9億円)の買収額で進められているようだ。

米コインデスクは現在、暗号資産(仮想通貨)に特化したベンチャーキャピタルのデジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group:DCG)が所有。同社はコインデスクを2016年に買収している。DCGは、今年初めに破産申請した暗号資産レンディング子会社のジェネシス・グローバル・キャピタル(Genesis Global Capital)をその破産から脱却させようとしている。そのためコインデスクの売却は、DCGの財務基盤を強化することになるだろう。

なおDCGは今月初めにジェネシスの最大の債権者である暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)からも訴えられている。

コインデスクとローザック氏の投資会社タリーキャピタル(Tally Capital)、そしてヴェッセネス氏のファミリーオフィス(富裕層一族を対象にした資産運用会社)は、ロイターのコメント要請には応じなかった。

関連ニュース

    ※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
    Investor group nears $125 million deal for CoinDesk – WSJ
    Reporting by Niket Nishant in Bengaluru; Editing by Devika Syamnath
    翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
    images:Reuters

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    大津賀新也

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    合わせて読みたい記事

    【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

    コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

    Sponsored