CoinDesk JAPAN運営のN.Avenueに野村HDら資本参画、ZHD傘下から離脱も

Spiral Capital、ABCドリームベンチャーズ、野村HDが出資

国内web3メディア「CoinDesk JAPAN」運営のN.Avenue(エヌアベニュー)が、第三者割当増資および新経営体制の発足を7月3日発表した。

今回の第三者割当増資には、リード投資家のSpiral Capital(スパイラルキャピタル)の他、ABCドリームベンチャーズおよび野村ホールディングスが出資参加したとのことだ。

なお今までは、N.Avenueの代表取締役社長である神本侑季氏およびZホールディングスの100%子会社であるZコーポレーション設立の「Zファンド1号投資事業有限責任組合」が、N.Avenueの株主であったが、今回の割当増資により「Zファンド1号投資事業有限責任組合」は保有する全株式を売却したようだ。

なお神本氏は、マジョリティ(50%以上保有の)株主として引き続き経営を率いるとのことだ。

そのため新たな株主は、神本氏、Spiral Capital Japan Fund 2号投資事業有限責任組合、ABCドリームファンド 2号投資事業有限責任組合、野村ホールディングス株式会社となる。

またN.Avenueの新経営体制として取締役にBuzzFeed JapanのHead of Corporate, Legal Directorの阿部真弓氏、Spiral Capitalのシニアアソシエイト縣恵吾氏が、監査役にはストラテジーアドバイザーズの代表取締役CEOである藤田勉氏が就いている。

なおリード投資家のSpiral Capitalは、ライフネット生命保険の創業者であり、現在は香港拠点のブロックチェーンゲーム開発企業Animoca Brands(アニモカブランズ)の日本子会社Animoca Brands株式会社(アニモカブランズジャパン)でCEO兼代表取締役を務める岩瀬大輔氏がマネージングパートナーとして所属しているVCファンドの運営企業。

またABCドリームベンチャーズは、朝日放送グループホールディングス100%出資企業で、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の運営及びその付帯業務を行っている。今後web3事業を研究開発していく上で、N.Avenueとの連携も視野にし、出資をしたとしている。

野村ホールディングスは、「今回の出資を機に金融とメディアという両社が有する価値を持ち寄ることで、デジタル・アセット市場の拡大・発展に向けた更なる連携が実現できるものと期待している」とコメントを出している。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:コインデスクジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStoks/metamorworks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored