ポルカドット(DOT)の「サブストレート」、カルダノ(ADA)「パートナーチェーン」構築用に採用へ

カルダノがポルカドットの技術スタックを採用へ

カルダノ(Cardano)ベースのモジュラー型ブロックチェーン「パートナーチェーン」構築用フレームワークとして、ポルカドット(Polkadot)の技術スタックが採用されることが決まった。

このことは、カルダノの開発を行う「インプットアウトプットグローバル(Input Output Global)」の創設者兼CEOのチャールズ・ホスキンンソン(Charles Hoskinson)氏が、ドバイで11月2日から2日間にわたって開催された「Cardano Summit 2023」内にて発表した。

発表によるとカルダノは、ポルカドットのブロックチェーン開発をサポートする開発キット「Polkadot SDK」の基盤となっている「サブストレート(Substrate)」を活用し、「パートナーチェーン」構築用フレームワークを開発するとのこと。

なお「パートナーチェーン」は、カルダノ関連のサイドチェーンの総称である。カルダノのセキュリティや流動性、信頼性を引き継いでいるという特徴がある。

これまでにも「サブストレート」を採用したプロジェクトは複数存在する。最近ではポリゴン(Polygon)の創設メンバーによって開発されたロールアップ用のモジュラー型データ可用性ブロックチェーン「アヴェイル(Avail)」や、スタークネット(StarkNet)のシークエンサープロトコル「マダラスタークネットシークエンサー(Madara Starknet sequencer)」の開発に利用されている。

なおポルカドットコミュニティメンバーであるGoku氏は、カルダノのポルカドット技術スタック採用について「知名度と信頼性が高まり、技術スタックに興味を持つプロジェクトを引き寄せる可能性がある」と述べている。

関連ニュース

参考:IOGブログ
images:iStocks/tomozina

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している