SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から

SBIVCトレードがADAのステーキングサービス提供へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードが、新たに「ステーキングサービス」を開始することを9月26日発表した。

SBI VCトレードによると同サービスは10月1日から開始する予定とのこと。また対象銘柄は暗号資産カルダノ(ADA)になるとのことだ。

また同サービスはSBI VCトレードにおいてADAを保有する全てのユーザーが対象で、申し込みは不要だという。

報酬額については年率2.82%~4.86%を見込んでいるとのこと。手数料については配分ステーキング報酬の25%で報酬の単位0.000001ADAとなるようだ。

また注意点として、SBI VCトレードで提供されているレンディングサービスに貸し出している暗号資産についてはステーキングの対象外となるとのことだ。なおSBI VCトレードのレンディングサービスでは同取引所がサポートする暗号資産全12銘柄が対象となっている。

またステーキング対象の銘柄については今後順次拡大させていく予定とのことだ。

ステーキングとは

ステーキングとは、「バリデーター」と呼ばれるユーザーが、対象となる暗号資産を一定量保有(ロック)することで取引記録のブロック生成プロセスに参加し、報酬を得る行為のこと。暗号資産取引所が一般ユーザー向けに提供するステーキングサービスでは、ユーザーからトークンをプールに集め、ネットワークにまとめて預け入れる形式をとる。そのためステーキング参加に本来必要な暗号資産保有量を持たないユーザーでも、少額でステーキング報酬が得られる仕組みになっている。

なおステーキングは、コンセンサスアルゴリズムの「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」を採用するブロックチェーンで実行が可能となっている。コンセンサスアルゴリズムとは、暗号資産のブロックを追加する際の合意形成のアルゴリズムである。

関連ニュース

SBI VCトレードで、カルダノ(ADA)、ドージコイン(DOGE)、ステラルーメン(XLM)、テゾス(XTZ)、ソラナ(SOL)上場へ

SBI VCトレード(旧TAOTAO)、暗号資産積立サービス開始

スイスSDX、機関投資家向けにイーサ(ETH)ステーキング提供開始

タイSEC、企業提供のステーキングとレンディング禁止の方針へ

バイナンスUS、イーサ(ETH)ステーキングサービス提供開始

参考:SBI VCトレード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored