ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行

ラグビー用品専門ショップがトークン発行

次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、ラグビー用品専門ショップ「ラグビーオンライン」のトークン新規発行と販売開始を9月27日発表した。

「ラグビーオンライン」は、2004年からECサイトをオープンした日本最大級のラグビー用品専門ショップ。現在は東京・大阪(今秋リニューアルオープン)・福岡に実店舗3店展開している。また夏季限定で長野県にも店舗を構えている。

今回「ラグビーオンライン」は、トークン保有者が参加できる「FiNANCiE」内のコミュニティでラグビーファンと仕入れ商品の内容決めや実店舗におけるアイデアを募集しながら、ファンの意見が反映されるECショップコミュニティを形成していく予定としている。

なお今回FiNANCiE上で発行されるトークンは「ラグビーオンライントークン」として販売されるとのことだ。

「ラグビーオンライントークン」購入者は特典として、「ラグビーオンライン」運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

なお「FiNANCiE」で発行されているトークンは金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)でもないとのことだ。

現在発表されている投票企画案として「オリジナルグッズの仕入れ企画」や「SNS/YouTube コンテンツ企画」がある。またトークンを活用した抽選特典案として「ショップ運用の手伝い」と「限定グッズのプレゼント」がある。

「ラグビーオンライントークン」の初回販売期間は9月27日11時から10月26日21時が予定されている。

なお「ラグビーオンライントークン」の販売メニューは7つ用意されており、最も特典が充実したプレミアムコースは限定5口のみ用意されており、1口100,000ptで購入ができる。

プレミアムコースでは支援者に100,000pt分の「ラグビーオンライントークン」の他、トークン保有特典として前述した「投票企画および抽選特典への参加」があり、またラグビーオンライン公式YouTube出演権利やNFTとなる「初期サポーター記念コレクション001」がもらえるようだ。

なおFiNANCiEポイント(pt)は、FiNANCiEプラットフォーム上でのみ使用できるポイントのことで1pt=1円で購入できる。今回「ラグビーオンライン」はファンディングの目標金額として2,500,000ptを目指している。

「あたらしい経済」編集部は今回の取り組みに関して、「ラグビーオンライン」代表の小澤響平氏より以下のコメントを得た。

『ラグビーオンライン代表の小澤響平です!このたびラグビーオンライントークンを発行することになりました!ラグビーオンラインと皆さんはお店とお客様という関係です!でも根っこの魂は多分一緒で、ラグビーを通じて、みんなで楽しみたいというものがあると思います!だったら、いっそのこと一緒にショップ作りをやってしまえばいいじゃないか!みんなが仕入れて欲しいものを仕入れ、みんなが見たい景色を一緒に見て、「ラグビーオンライン」というショップを通じたラグビーユニオンを形成したい!一緒にお店を作るのはもちろん!ラグビーを通じた喜びも共に味わいましょう!』

関連ニュース

「仙台大学サッカー部」、FiNANCiEでトークン発行

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

仮想都市「神椿市」の「KAMITSUBAKI DAO」、FiNANCiEでトークン発行

卓球の琉球アスティーダ、トークンホルダー1万人を目指す理由(月刊フィナンシェ8/9月合併号)

FiNANCiEってどんなサービス?(月刊フィナンシェ 2022年2月号)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない