NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催

「CAWA TOKYO 2022」開催へ

NFTアート祭典「Crypto Art Week Asia in Tokyo 2022:CAWA TOKYO(カワ・トーキョー)」が本日9月27日から開催される。

「CAWA TOKYO」は、本拠地シンガポールを中心にアジア複数都市のサテライト会場とメタバース上で開催するNFTアート祭典「CAWA:Crypto Art Week Asia(クリプトアートウィーク・アジア)」の東京サイドだ。バーチャル会場としてアジア100箇所以上のメタバースでも「CAWA」は開催され、それぞれの会場がリンクで接続されるとのことだ。

「CAWA TOKYO」ではフィジカルとバーチャルを融合したハイブリッドNFTアート展覧会を「CAWA」と同時開催するとのことで、今回は「DMM麻布サテライト」でのギャラリー展示とトークセッション、そして「RED° TOKYO TOWER」で国内有数のNFTプロジェクトのピッチ大会とDJパーティを行うとのこと。

またCryptovoxelsやDecentraland、oncyberなどで行われるメタバース会場では、各参加国のアーティスト(東京含む)やコレクター・事業者・キーパーソンによる各国のCryptoシーンに関するインタビュー・対談を行うオンラインセッションなどが開催されるとのことだ。

なおメタバース会場と「DMM麻布サテライト」は今月27日〜10月8日まで開催され、RED° TOKYO TOWERは10月3日〜5日まで開催される。

期間中のすべての有料イベントに入場できるVIPパスはNFTで販売される。

また同じくNFTで販売されているSPONSORパスには、VIPパスと同じくCAWA TOKYO全日程中の有料イベント参加券に加え、RED TOKYO TOWERでのブース出展やピッチ・トーク出場権利が含まれている。さらにCAWA TOKYO 2022の出展作家提供(有志)のNFTのフリーミント権(WL)や次回開催のCAWA TOKYOへの推し作家の展示リストアップ権と投票の権利もついてくるようだ。

またDAY TICKETについてはトークイベントのある日のチケット 1日入場券となっている。なお「DMM麻布サテライト」のトークセッションのない日のギャラリー展示は無料で観覧できるとのことだ。

参加チケットについてはサイトを介してOpenSeaで販売するNFTチケットの他、Peatixによるチケット販売も実施している。なおPeatixで販売されるチケットは順次追加されるとのこと。

チケット購入やその他詳細について

・Peatixからのチケット購入はこちらから

・NFTによるチケット購入はこちらから

・詳細はこちら

関連ニュース

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り

卓球の琉球アスティーダ、トークンホルダー1万人を目指す理由(月刊フィナンシェ8/9月合併号)

「日本とweb3」国家戦略これからどうなる?(web3PT座長平将明議員/デジタルガレージ伊藤穣一氏)

THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース

ンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

参考:ミラクリエイティブ

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored