バイナンスに「セレスティア(TIA)」上場へ

バイナンスにTIA上場へ

大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産セレスティア:Celestia(TIA)の取り扱い予定を10月30日発表した。

TIAは現物取引にて、10月31日16:00(日本時間:11月1日1:00)より取り扱いが開始され、取引ペアはTIA/BTC、TIA/USDT、TIA/TRYがサポートされるという。また出金については11月1日16:00(日本時間:2日1:00)より対応が開始されるとのこと。

なおTIAは、上場している他のトークンよりも高いボラティリティと高いリスクをもたらす可能性のあるトークンを表す「シードタグ」が適用されている。「シードタグ」が適用されているトークンを取引するには、バイナンススポットまたはバイナンスマージンプラットフォームにて90日ごとに対応するクイズに合格し、利用規約に同意する必要があるとのこと。

セレスティアとは

セレスティアは、データ可用性(DA)を向上させるモジュラー型ブロックチェーンネットワークだ。誰でも簡単に独自ブロックチェーンの立ち上げが可能とのこと。なおセレスティアのメインネットは今月31日にローンチされており、またローンチと同時にジェネシスドロップとしてネットワークへの早期貢献者に対して、総供給量の6%となる合計6,000万TIAがエアドロップされる予定となっている。

またセレスティアは今月25日、独自ブロックチェーンの構築をサポートするオフチェーンラボ(Offchain Labs)提供のツールパッケージ「アービトラムオービット(Arbitrum Orbit)」に統合された。

これにより現在「アービトラムオービット」を用いて作成したブロックチェーンでは、ブロックチェーンデータを「アービトラムワン(Arbitrum One)」や「アービトラムノヴァ(Arbitrum Nova)」に加えて「セレスティア」に公開することがオプションで選択できるようになっている。

なおデータ可用性(DA)とは、処理中のブロックに含まれるデータを閲覧可能にする機能のこと。これによりコンセンサスに達していない処理を正当であるか検証でき、無効なトランザクションを含んだブロックがファイナリティに達してしまうことが防止できる。

関連ニュース

参考:バイナンス
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored