GincoとtofuNFT運営会社が協業開始、「現物償還型NFT」のセカンダリマーケットプレイス提供に向け

「現物償還型NFT」のセカンダリマーケットプレイス提供に向け

国内ブロックチェーン関連企業Ginco(ギンコ)が、NFTマーケットプレイスのtofuNFT運営のCOINJINJAとの協業開始を10月2日発表した。

今回Gincoは、「tofuNFT」を運営し、かつ世界最大規模のNFTマーケットプレイス「X2Y2」と戦略的提携を行っているCOINJINJAと協議を重ね、「事業者向けの現物償還型NFT事業立ち上げ支援」と「ユーザー向けの現物償還型NFTのセカンダリマーケットプレイス提供」の2つのサービス提供に向け協業を開始したとのことだ。

「現物償還型NFT」とは、現物の償還権をブロックチェーン上でトークン化し、取引を円滑化する目的のNFT。ブロックチェーンの活用により世界中のウォレット所有者との取引が可能になり、グローバルなリセール市場へのアクセスが可能になる点や、受注型での現物製品生産が可能になる点がメリットとして挙げられている。

その他のNFTの分野として、チケットやホテルの宿泊などの権利行使権をブロックチェーン上でトークン化し、取引を円滑化する「権利行使型NFT」や現実世界とデジタル上のマーケティングをNFTにより連動させる取り組みの「フィジタルNFT」などがある。

なおGincoによると今回の取組みでは、金商法上のトークン、資金決済法上の暗号資産や電子決済手段に該当する可能性があるトークンの取り扱いは想定していないという。

またセカンダリーマーケットプレイスの提供は2024年初頭を目指しているとのこと。これらのサービス展開にあたり、「現物償還型NFT」の発行パートナーを9月29日から募集開始しているとのことだ。

なお発行パートナーの対象企業例として、飲料メーカー、酒類メーカー、酒造、ファッションブランド、宝飾品ブランド、トレーディングカードメーカー、フィギュア・コミック・アート作品等のコレクター向けアイテム卸売り業者が挙げられている。

これら業種企業に対し、GincoとCOINJINJAは「現物償還型NFT」事業の立ち上げ支援を共同で行うとのことだ。

Gincoは今年8月、三菱UFJ信託銀行と「暗号資産信託」提供に向けた協業を開始している。

またGincoは昨年9月、⽇本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(Astar Network)」と提携し、同ネットワークのネイティブトークン「アスター(ASTR)」を保有する企業に対し、カストディ(保管)ソリューションや開発支援を提供するパートナーシップになっている。

関連ニュース

三菱UFJ信託とGinco、「暗号資産信託」提供に向け協業開始

アスター(ASTR)とGincoが提携、企業向けカストディソリューション提供で

三菱UFJ信託銀行がBinance Japanとステーブルコイン発行へ、来年中に円貨と外貨で

Fintertech、新たなNFT管理サービス開発

tofuNFTとPLT Placeが業務提携、二次取引も可能に

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła・artacet・Who_I_am

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察