tofuNFTとPLT Placeが業務提携、二次取引も可能に

tofuNFTとPLT Placeが業務提携

NTFマーケットプレイス「PLT Place」提供のハッシュパレット(Hashpalette)とNFTマーケットプレイス「tofuNFT」開発のコインジンジャ(COINJINJA)が業務提携の開始を2月17日発表した。

この提携により、ハッシュパレットのNFT特化ブロックチェーン「パレットチェーン(Palette Chain)」が「tofuNFT」に新規チェーンとして追加される。

また「tofuNFT」はハッシュパレットのNFTマーケットプレイス「PLT Place」とも連携。これにより「パレットチェーン」上で今後発行されるNFTは、「tofuNFT」のローンチパッド機能を利用して購入できるようになるという。

また「パレットチェーン」上で発行されたNFTの2次流通の場として「tofuNFT」を選択することも可能となるとのこと。

なお現在「PLT Place」に掲載されているプロジェクトも随時「tofuNFT」で承認を行い、全てのプロジェクトで二次流通取引が可能になるとのことだ。

また今回の両社提携の第1号プロジェクトとして、ハッシュパレットが2月22日より先行販売を予定しているPlay to Earn(遊んで稼ぐ)型ブロックチェーンゲーム「エルフマスターズ」と「ベリーロングアニマルズ(VeryLongAnimals)」とのコラボNFTを「tofuNFT」のローンチパッドへ掲載するという。アローリストや無料プレゼント企画については2月17日20時より「tofuNFT」の公式ツイッターで案内するとのことだ。

「パレットチェーン」はデジタルアイテムを発行・管理・流通するためのブロックチェーンネットワークだ。独自設計により、「ガス代」がかからない取引を実現している。

コインジンジャが運営する「tofuNFT」は30以上のEVM互換チェーンに対応するマルチチェーンNTFマーケットプレイスだ。昨年9月に同じくNFTマーケットプレイスを展開するX2Y2と、同年10月にはゲーム特化型ブロックチェーンのオアシス(Oasys)と戦略的パートナーシップを締結。また2月1日には、NFTマーケティング支援のスシトップマーケティングと、2月2日にはGameFi専門のNFTマーケットプレイス「Zaif INO」を運営するカイカフィナンシャルホールディングの業務提携を発表していた。

関連ニュース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ