イーサリアムの新テストネット「Holesky」がローンチ、問題発生で再起動へ

イーサリアムの新テストネット「Holesky」がローンチ

イーサリアム(Ethereum)の開発者らが、同ネットワークの新たなテストネット「ホルスキー(Holesky:Holešky)」を9月15日にローンチした。しかしローンチ後すぐに同テストネットで問題が発生し、近日中に再起動を行うと発表されている。

発生した問題は設定ミスによるものであり、現在発覚している部分以外にもいくつか設定ミスがあるとの噂もされている。イーサリアムのクライアントおよびスマートコントラクトの監査を提供するネザーマインド(Nethermind)は、再起動は1週間後に行うことが開発者らの間で合意されたとX(旧ツイッター)にて発表をしている。

これまでイーサリアムのテストネットとしては主に「セポリア(Sepolia)」と「ゴエリ(Goerli)」が利用されてきた。しかしこの両ネットワークを利用する際に必要なガス代用のトークンの供給が少数の団体に独占されているという問題が発生している。

新たなテストネット「ホルスキー」はこの供給問題を解決し、「ゴエリ」に代わって、より良いテスト環境を提供するために展開された。なおテストネットで初めに供給される「Holesky ETH(HETH)」は16億枚であり、この供給枚数はイーサリアムメインネットの10倍に相当するとのことだ。

ホルスキーの立ち上げについては以前から開発者によって議論がされてきた。8月17日に行われたイーサリアムの2つのクライアントのうち、ブロックのバリデーションや生成を行う「実行層(EL:Execution Layer)」に関する開発者会議「エクゼキューションレイヤーミーティング168(Execution Layer Meeting 168)」では、同テストネットを9月に立ち上げる計画が明らかにされていた。

なおホルスキーでは難易度の高い環境でのテスト実行を行うため、メインネットの2倍に相当する140万のバリデーターを持つことが目標とされており、メインネットよりも規模の大きいテストネットとなることが予測されている。

ちなみに「ホルスキー」の名称は英語のHoleとSkyに由来しているのではなく、チェコ共和国の都市プラハの鉄道駅「ホレショビツェ駅(nádraží holešovice)」に由来しているという。なおテストネットのチェーンIDには、その地域の郵便番号である「17000」が利用されている。

関連ニュース

参考:ホレスキーエクスプローラー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/NatalyaBurova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した