シンガポール中央銀行、3AC創業者らに9年間の事業活動禁止処分を下す

3ACの創業者らがシンガポールで9年間の活動禁止に

シンガポール中央銀行が、破綻した暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Allows Capital:3AC)の創業者に対し、9年間にわたり同国での規制対象となる事業活動を禁じたと9月14日に発表した。

スリーアローズは2022年7月に破綻した最初の大手暗号資産会社で、同年5月に発生したテラUSD(UST)の価格崩壊によって倒産した。同社は同年6月下旬に英領バージン諸島に破産を申請した。

シンガポール金融管理局(MAS)は声明で、3ACの創設者であるスー・チュー(Su Zhu)氏とカイル・デイビス(Kyle Davies)氏に対し、規制対象となるいかなる活動も禁止し、シンガポールにおける資本市場サービス会社の管理も禁止する命令を出したと発表した。

なおこの禁止命令は、9月13日から9年間に及ぶものとなる。

MASのルー・シュー・イー(Loo Siew Yee)副専務理事は、「ファンドマネージャーの上級管理職は、投資家の利益を守るため、強固なリスク管理措置を実施することが求められる」と述べた。

なお現在、チュー氏とデイビス氏の所在は不明。また両氏の代理人からのコメントも得られていない。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Singapore central bank bars 3AC founders from market activity
Editing by Kanupriya Kapoor
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/12話題】フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券、トランプが「ビットコインカンファレンス」で演説へなど(音声ニュース)

フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券販売へ、25年公開『宝島』の関連権利をST化、ドナルド・トランプ、7月27日に「ビットコインカンファレンス2024」で演説へ、バイナンスジャパン、貸暗号資産「Simple Earn」にアスター(ASTR)追加、米SEC、BUSDに関するパクソスの調査を終了。強制執行は実施せず、米マイクロストラテジー、1対10の株式分割を発表、ビットコインLN決済でギフトカード購入可能に、カシェイとライフカード提携で、米コインベースがオンチェーン資産を一括管理できるWebサイト公開、複数ウォレット接続で、コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内デジタル宝石のユーザー間取引数が1万件突破、Fireblocks、「グローバル・カストディアン・パートナー」にSBI出資のゾディアや野村のコマイヌらが参加、ゴールドマン・サックス、3つのトークン化商品を年内発表か=報道、Worldcoinが独自ブロックチェーン「World Chain」の開発者プレビュー公開、下期のメインネットローンチに先駆け

Sponsored