スリーアローズ、BlockFiに証拠金払えずBTCポジション強制清算か=報道

3ACがBlockFiからのマージンコールに対応できず

債務超過に陥る可能性を報じられている暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC)への資金の貸し手の1社が、米暗号資産レンディング企業ブロックファイ(BlockFi)であることが分かった。フィナンシャルタイムズが6月17日に報じた。

3ACは先週末に貸し手である金融機関などからのマージンコール(追加証拠金)に応じることができず、ポジションが強制清算されていた。3ACは、ブロックファイからビットコイン(BTC)の借り入れを行っていたようだ。

なお3ACは、融資会社らから少なくとも合計4億ドル(約540億円)にのぼる金額の精算を受けているとされている。

ブロックファイのCEOザック・プリンス(Zac Prince)氏は「特定のカウンターパーティー(相手先の金融機関)への明言は避けるべきだが、可能な限りの透明性は提供する必要がある」として、ブロックファイが直近で証拠金貸付に対し債務不履行した大口顧客に対して担保の清算を行ったことを明かしている。この大口顧客は3ACである可能性が高いと考えられる。

3ACは2012年に設立されたヘッジファンドで、ビットコイン(BTC)やイーサ(ETH)をはじめとしたベースレイヤーのブロックチェーンとDeFi(分散型金融)プラットフォームを中心に投資を行っている。先月以降は3ACに属すると思われるアドレスが少なくとも30,000stETH(Lido Staked ETH)を売却し、それをレンディングプラットフォームであるAave(アーベ)のローン返済に充てているとも報じられている。

暗号資産メディアDecryptによると、同社の取り扱い資産はピーク時で100億ドル(約1.3兆円)と規模が大きく、また多くのDeFiプラットフォームにも関与しているため、もし同社が破産した場合、暗号資産市場にさらなる負の影響がもたらされると考えられると見解を示している。

関連ニュース

暗号資産ファンド「スリーアローズ」債務超過か、4億ドルの精算を受け

米金融規制機構FINRA、暗号資産市場の取組を強化

暗号資産レンディングCelsiusが出金と送金一時停止、CELは急落

【動画解説】DeFi×NFTプラットフォーム「UnUniFi(GUU)」とは?(CauchyE代表 木村優氏)

耳から学ぶ「DeFi入門」(Kyber Network Japan Manager 堀次泰介)

参考:FT
デザイン:一本寿和

images:iStocks/SIphotography

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ