暗号資産デリバティブ取引所「Bitget」、147億円規模の新ファンド設立

長期的成長を促進するための投資行う

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所のビットゲット(Bitget)が、1億ドル(約147億円)規模の新ファンドの設立したと9月12日発表した。

今回新たに設立されたファンドの名称は「ビットゲット・エンパワーX・ファンド(Bitget EmpowerX Fund)」だ。

同ファンドでは、ビットゲットの長期的成長のため、戦略的投資を行っていくという。

具体的には、各地の取引所、データ分析会社、メディア組織、エコシステムの成長に貢献するその他の事業体への投資機会を模索していくとのことだ。

ビットゲットのマネージング・ディレクターであるグレイシー・チェン(Gracy Chen)氏は同ファンドの立ち上げについて、「長期的な成長を促進する戦略的で的を絞った投資を通じて、私たちはユーザーの進化するニーズにより良く応えるため、サービスのエコシステムを継続的に拡大することを目指している」と述べ、「私たちの業界の他の人々に力を与えたいと考えている」と続けている。

4月にWeb3ファンド設立も

ビットゲットは4月にも、次世代のイノベーションの発展を支援するために1億ドル(約147億円)規模のWeb3ファンド「ビットゲットWeb3ファンド(Bitget Web3 Fund)」を設立している。

同ファンドでは、アジアを拠点とするパートナーを優先しながら、VCとプロジェクトをグローバルに発掘している。

同ファンドが投資したVCとしては、フォーサイトベンチャーズ(Foresight Ventures)、ドラゴンフライ・キャピタル(Dragonfly Capital)、セブンXベンチャーズ(SevenX Ventures)、ギットコインファンド(Gitcoin Fund)、ダオメイカー(DAO Maker)、ABCDEキャピタル(ABCDE Capital)がある。

なおドラゴンフライ・キャピタルは4月4日、ビットゲットへ1000万ドル(約1.3億円)の戦略投資を行ったことを発表していた。

ビットゲットについて

ビットゲットは2018年に設立したシンガポール拠点の取引所で、主にアジア、ラテンアメリカ、欧州の顧客にサービスを提供している。2022年7月に発表されたボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のレポートによれば、暗号資産デリバティブ取引所のトップ3の1つにランクされているという。

またビットゲットはコピートレード機能を導入した最初の主要暗号資産取引所としても有名であり、今年2月の時点で8万人以上のトレーダーが自身のコピートレードを共有し、38万人以上のフォロワーによりコピーされているという。

ビットゲットは過去2年で、プロサッカー選手のリオネル・メッシ(Lionel Messi)氏やイタリアのプロサッカーチーム「ユベントス(Juventus)」と契約している。

なお日本の金融庁は今年3月31日、日本で無登録にて暗号資産交換業を行っているとし、ビットゲットへ警告書を発出していた。

関連ニュース

参考:ビットゲット
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored