ドラゴンフライキャピタル、暗号資産デリバティブ取引所「Bitget」へ約1.3億円の戦略投資

ドラゴンフライがBitgetに約1.3億円の戦略投資

暗号資産(仮想通貨)投資会社ドラゴンフライ・キャピタル(Dragonfly Capital)が、暗号資産デリバティブ取引所のビットゲット(Bitget)へ1000万ドル(約1.3億円)の戦略投資を行ったことを4月4日発表した。

発表によればドラゴンフライはこの投資により、ビットゲットの継続的なグローバル市場・サービスの拡大、暗号資産教育と採用拡大へ向けた今後のCSR活動を支援するという。

また調達資金については、より多くの人に暗号資産への理解を促進するための「グローバルな取り組み」を継続させるために使われるという。

ビットゲットは「グローバルな取り組み」の一環として、エンターテインメントを通じて暗号資産の大衆化を促進するための教育キャンペーンも計画しているとのことだ。

ビットゲットのマネージング・ディレクターであるグレイシー・チェン(Gracy Chen)氏は「現金の流入を除き、ドラゴンフライとの提携で私たちにより恩恵をもたらすのは、ドラゴンフライの暗号資産に関する精通と洞察力だ。私たちは共に、より多くの成長機会を発見し、業界の持続的な成長にさらに貢献できるようになるだろう」とコメントしている。

ビットゲットについて

ビットゲットは2018年に設立したシンガポール拠点の取引所で、主にアジア、ラテンアメリカ、欧州の顧客にサービスを提供している。2022年7月に発表されたボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のレポートによれば、暗号資産デリバティブ取引所のトップ3の1つにランクされているという。

またビットゲットはコピートレード機能を導入した最初の主要暗号資産取引所としても有名であり、今年2月の時点で8万人以上のトレーダーが自身のコピートレードを共有し、38万人以上のフォロワーによりコピーされているという。

ビットゲットは過去2年で、プロサッカー選手のリオネル・メッシ(Lionel Messi)氏やイタリアのプロサッカーチーム「ユベントス(Juventus)」と契約している。

なお日本の金融庁は今年3月31日、日本で無登録にて暗号資産交換業を行っているとし、ビットゲットへ警告書を発出していた。

ドラゴンフライ・キャピタルについて

ドラゴンフライは昨年4月、6億5000万ドル(約840億円)規模のクリプトベンチャーファンド「ドラゴンフライファンド III(DragonflyFundIII)」を設立。またコインデスクによると同ファンドには、大手VCのタイガーグローバル(Tiger Global)、KKR、セコイア・チャイナ(Sequoia China)などが参加しているとのことだ。

なおドラゴンフライは、これまでにNFTゲームのアニモカブランズ(Animoca Brands)や、ブロックチェーン関連の開発企業コンセンシス(ConsenSys)、日本発のDeFi(分散型金融)プロジェクト「Cega(セガ)」といったプロジェクトにも投資。今年3月には日本発のDeFi(分散型金融)プロジェクト「Cega(セガ)」を開発するCega Finance(セガファイナンス)の追加調達を主導し、追加出資している。

関連ニュース

参考:プレスリリース
images:iStocks/Oliwia-Wydrych

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored