ドラゴンフライキャピタル、約840億円規模web3ファンド設立

ドラゴンフライキャピタル、約840億円規模web3ファンド設立

暗号資産(仮想通貨)投資会社ドラゴンフライ・キャピタル(Dragonfly Capital)が、6億5000万ドル(約840億円)規模のベンチャーファンド「ドラゴンフライファンド III(DragonflyFundIII)」を設立したことが4月28日に分かった。

ドラゴンフライ・キャピタルはこれまで、アバランチ(Avalanche)、ニア(Near)、バイビット(Bybit)、マター・ラボ(Matter Labs)、アンカレッジ(Anchorage)、アンバー(Amber)、フラックス(Frax)、コスモス(Cosmos)、ドゥーンアナリティクス(Dune Analytics)、メーカーダオ(MakerDAO)、コンパウンド(Compound)、1インチ(1inch)といったプロジェクトに早くから投資してきた企業だ。

またNFTゲームのアニモカブランズ(Animoca Brands)や、ブロックチェーン関連の開発企業コンセンシス(ConsenSys)、日本発のDeFi(分散型金融)プロジェクト「Cega(セガ)」といったプロジェクトにも投資している。

コインデスクのドラゴンフライへの取材によると、この「ドラゴンフライファンド III」ではブロックチェーンや暗号資産に関する企業の全ての成長ステージに投資を行うとのこと。また発表では、このファンドによって破壊的イノベーションを起こすような創業者やプロトコル構築者、ハッカーたちを支援する予定と説明されている。

またコインデスクによると同ファンドには、大手VCのタイガーグローバル(Tiger Global)、KKR、セコイア・チャイナ(Sequoia China)などが参加しているとのことだ。

「ドラゴンフライファンド III」設立について「今後5年間で、多くのことが変化していくでしょう。L1戦争の激化、メタバース構築の競争開始、DeFiの成熟、クリプトゲームの必然化といった金融インフラが制度化されつつあります。ファンドIIIではシードからシリーズB、そしてその先に至るまで創業者を支援する体制が整っています」と発表にて説明されている。

関連ニュース

NEAR Protocolが約433億円調達、タイガーグローバルやFTXらから

【取材】日本発SolanaのDeFi「Cega」が約5億円調達、パンテラやコインベースらから

「Dune Analytics」が約79億円調達、従業員数わずか16名のユニコーン

コンセンシスが約220億円調達、メタマスクのユーザー数は2100万人に

アバランチ、220億円超のファンド「Blizzard」立ち上げ

参考:Dragonfly Capital
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Bulgnn・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored