Magic Edenが約1.4億円規模のクリエイターファンド設立、ポリゴン上からブルーチップNFT輩出を目指し

Magic Edenがクリエイターファンド設立

NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」が、100万ドル(約1億4,600万円)規模のクリエイターファンド設立及び、NFTクリエイターを募集開始したことを8月18日発表した。

「マジックエデン」は今回の取り組みについて、「ポリゴン(Polygon)ブロックチェーン上から、次のNFTムーブメントを引き起こす次世代のブルーチップNFTプロジェクトを発掘する為」と説明している。

今回の取り組みにより選抜されたNFTクリエイターについては、業界のリーダーや専門家とのパートナーシップや、プロジェクトのビジョン実現に向けてクリエイターファンドより補助金が提供されるとのこと。

また同NFTクリエイターは補助金に加え、メンターシップやマーケティング支援、技術サポート、ポリゴンエコシステムとのつながりといった支援もクリエイターファンドから受けられるという。

なおこのプログラムに参加する為にNFTクリエイターは、専用サイトから応募する必要がある。NFTクリエイターの選定基準については、アイデアの独創性、プロジェクトの実現可能性、チームの強さと多様性、活気あるコミュニティを構築及び維持する計画性の有無が評価されると発表にて説明されている。

マジックエデンは昨年12月よりポリゴンのサポートを開始しており、他にはソラナ(Solana)とイーサリアム(Ethereum)にマルチチェーン対応している。

関連ニュース

参考:Magic Eden
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論