「Magic Eden」で偽NFTが販売、不快なポルノNFT画像表示に続き

Magic Edenで偽NFTが25個販売

NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」のプロジェクトのコレクションページで、偽物のNFTが混ざって販売されていたことが1月5日に発表された。

偽NFTは、ソラナ(Solana/SOL)基盤のNFTプロジェクト「ABC」や「y00ts(ユーツ)」のコレクションページで表示されたという。なお全部で25個の偽NFTが販売されたとのこと。

本来マジックエデンのコレクションページに表示されるNFTは、検証済みのNFTとして表示されるが、偽NFTは未検証のまま本物のNFTと並んでコレクションページに表示されていたという。

マジックエデンは今回の問題について、未検証のNFTをマジックエデンで購入できないようにするセキュリティ対策を行い、NFTコレクションごとに検証レイヤーを追加したとのことだ。

また偽物のNFTを購入したユーザーに対しては返金措置を行うとし、全ユーザーにブラウザをハードリフレッシュするよう促している。

なお「y00ts」はこの問題についてツイッターで「現在マジックエデンはエクスプロイトの可能性がある」とツイートした。エクスプロイトとはセキュリティ上の欠陥や脆弱性を利用した不正プログラムである。

またマジックエデンでは今月4日にも、不快な成人向けポルノコンテンツがNFT画像で表示されるトラブルが起きている。このトラブルについてマジックエデンは、マジックエデンがハッキングを受けたわけではなく、NFT画像のキャッシュ時に使用するサードパーティの画像プロバイダーが侵害されたことにより生じたと説明していた。

関連ニュース

Magic Edenがポリゴン(MATIC)対応、「Shatterpoint」と「infinite Drive」のNFT販売開始

NFTマーケットプレイス「Magic Eden」、ポリゴン(MATIC)対応へ

ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応

ソラナのNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、web3ゲーム投資部門設立

「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携

参考:Magic Eden
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資