ソラナのNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、web3ゲーム投資部門設立

「Magic Eden」がweb3ゲーム投資部門設立

NFTマーケットプレイス「マジック・エデン(Magic Eden)」が、web3ゲーム投資部門「マジック・ベンチャーズ(Magic Ventures)」を立ち上げたことが7月13日分かった。

「マジック・エデン」は「マジック・ベンチャーズ」設立により、ブロックチェーンゲームやゲームインフラ、メタバースプロジェクトに投資していくとのことだ。

なお「マジック・ベンチャーズ」のゲーミング投資部門の責任者には、テンセントゲームズ(Tencent Games)のビジネス開発および投資部門に携わっていたトニー・ザオ(Tony Zhao)氏が就任している。

またザオ氏の他にも、プロゲーム及びeスポーツでそれぞれ経歴があるチェ・ユンソプ(Yoonsup Choi)氏、チャン・ハリソン(Harrison Chang)氏、マット・ビアモンテ(Matt Biamonte)氏の3名がゲーミング投資部門に加わったとのことだ。

さらに「マジック・ベンチャーズ」設立にあわせ、「マジック・エデン」提供のゲームパブリッシャー向けコンテンツハブ「エデン・ゲームズ(Eden Games)」が複数のNFTプロジェクトと提携したことが発表されている。

「エデン・ゲームズ」と提携したNFTプロジェクトは、オーロリー(Aurory)、ジェノペッツ(Genopets)、ミニロイヤル:ネイションズ(Mini Royale: Nations)、ネコバース(Nekoverse)、レムナント(Remnants)、ヤク(Yaku)、ハーフウィッシュ(Halfwish)、VBA、シュガーレルム(Sugar Realm)とのことだ。

「マジック・エデン」は、ソラナ(Solana)ブロックチェーン上で最大手のNFTマーケットプレイスだ。今年6月、シリーズBラウンドで約177億円(1.3億ドル)の資金調達を完了し、企業評価額は約2180億円(16億ドル)に達した。またソラナ対応の暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ファントム(Phantom)」とも提携している。

関連ニュース

「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携

ソラナのNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約177億円調達=報道

ソラナ(SOL)基盤のNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約32億円資金調達

OpenSea、ソラナ(SOL)基盤のNFTを4月取扱へ

ソラナ(SOL)ウォレット「Phantom」、Android版が公開

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored