イー・ガーディアン、「NFTゲームサポート」提供開始

イー・ガーディアンが「NFTゲームサポート」を提供開始へ

東証プライム上場のイー・ガーディアンが、NFTゲーム事業を包括的にサポートする「NFTゲームサポート」を提供開始したことが7月13日分かった。

発表によると同サービスでは、イー・ガーディアンがこれまでゲーム事業者やNFTプラットフォーム事業者に向けて様々な支援を行ってきたノウハウを活かし、NFTゲームに関連する運営サポート、セキュリティ、デバッグを包括的に行うとのこと。

具体的には、様々な問合せに対応したカスタマーサポートやユーザートラブルを防ぐ投稿監視、ユーザー獲得を目指したSNS運用代行などのサービスをカスタマイズしながらNFTゲームの運営を多面的にサポートするという。

ゲーム運営において「Discord」を活用する場合は、サーバー構築やロール設定など初期の立ち上げや運用開始後のカスタマーサポートの他、パートナー企業と連携してイベント企画/運営も実施し、ゲームのコミュニティ育成まで一気通貫で支援するとのこと。

またセキュリティ対策としては、グループ会社と連携し、NFTゲームの脆弱性診断だけでなく「Discord」のセキュリティ運用ルールの策定やインシデント発生時におけるフォレンジック調査も対応可能だとしている。

さらにNFTゲームが問題なく動作するのかをテストする多端末検証に加え、ゲームIPコンテンツの無断出品などの著作権対策についても、グループ企業と連携して早期検知/報告が可能とのことで、ゲームIPホルダーの権利保護のみならず、正規のNFTホルダーの保護にも寄与するとのことだ。

イー・ガーディアンは「NFTゲーム市場が近年拡大し続けているが、初期の立ち上げやコミュニティ活性化のための施策に関するノウハウの不足、ゲームタイトルの立ち上げ、コミュニティ構築後においてもセキュリティ面での対策やNFTマーケットプレイス上でのゲームIPコンテンツの著作権対策など多くの課題がある」と説明している。

関連ニュース

米ワーナーミュージック、「遊んで稼ぐ」NFTゲーム開発へ。デジタルトレカのSplinterlandsと提携

北京五輪公式の「遊んで稼ぐ」NFTゲームがリリース

ソラナ(Solana)が170億円規模のファンド立ち上げ、NFTゲーム企業らと共同で

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

「NFTはどんな未来を作るか?」(Tokyo Otaku Mode 安宅基/paji. eth 後編)

参考:イー・ガーディアン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored