北京五輪公式の「遊んで稼ぐ」NFTゲームがリリース

北京オリンピック公式のNFTゲームがリリース

北京オリンピック2022冬季大会公式のP2E(遊んで稼ぐ)型のブロックチェーンゲーム「Olympic Games Jam Beijing 2022」が2月3日リリースされた。

「Olympic Games Jam Beijing 2022」は、ブロックチェーンゲーム開発企業Animoca Brands(アニモカブランズ)の子会社であるnWay(nウェイ)と国際オリンピック委員会 (IOC)が共同で制作したマルチプレイヤー・パーティゲームだ。

このゲームでは「スノーボードクロス」や「スロープスタイル」、「スケルトン」といったオリンピック競技で、何十人ものプレイヤーが同時に競い合って遊ぶ形式となっている。

プレイヤーは、ゲーム内通貨の「VTG」が獲得できる他、過去の大会のマスコットや競技のピクトグラムをモチーフにしたNFTのピンバッチを手に入れることができるという。

獲得したNFTピンバッチは、nWayのNFTマーケットプレイス「nWayPlay」で売買も可能となる。またゲームの公式サイトを確認すると「VTG」はプレイヤーウォレットからDEX(分散型取引所)で他の通貨との交換ができ、さらに「nWayPlay」でも利用できるようだ。

なお「VTG」はバイナンススマートチェーン(BSC)で発行されていることもサイトで確認できた。

「Olympic Games Jam Beijing 2022」はAndroidおよびiOS対応で、2月3日より無料でダウンロードできるとのこと。発表によると、発売後も定期的にソフトウェアアップデートを行い、新しいコンテンツや競技、イベントなどが追加される予定とのことだ。

なお、「あたらしい経済」編集部が実際にアプリストアを確認したところ、同ゲームを見つけることができなかった。サイト上に対象国などのアナウンスはないが、おそらく日本居住者は利用できない設定になっていると思われる。

2022.2.4 17:00追記

当ゲームをインストールできたという声をいただき、編集部が再度調査したところ、iOS版は日本対象外と表示され、Android版ではインストールおよびプレイできることも確認できた。ただし「VTG」およびNFTピンバッチの取得可否については現在のところ不明。

nWayとICOは昨年6月、オリンピックをモチーフにしたピンバッジのNFTの販売及び、それを用いたビデオゲームの開発を発表していた。

NFTピンバッチはすでに「nWayPlay」で売買が行われており、レア度「LEGENDARY」のピンバッチは7,850ドル(約90万円)で販売されているものもある。

なお当時の発表によると「nWayPlay」はダッパーラボの独自ブロックチェーン「FLOW(フロウ)」が基盤となっているとのことだ。

関連ニュース

国際オリンピック委員会(IOC)がNFT販売発表、アニモカと共同で、ブロックチェーンはFlow

参考:nWayOlympicGames Jam:Beijing 2022

デザイン:一本寿和
images:iStocks/BalkansCat・noLimit46

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored