北京五輪公式の「遊んで稼ぐ」NFTゲームがリリース

北京オリンピック公式のNFTゲームがリリース

北京オリンピック2022冬季大会公式のP2E(遊んで稼ぐ)型のブロックチェーンゲーム「Olympic Games Jam Beijing 2022」が2月3日リリースされた。

「Olympic Games Jam Beijing 2022」は、ブロックチェーンゲーム開発企業Animoca Brands(アニモカブランズ)の子会社であるnWay(nウェイ)と国際オリンピック委員会 (IOC)が共同で制作したマルチプレイヤー・パーティゲームだ。

このゲームでは「スノーボードクロス」や「スロープスタイル」、「スケルトン」といったオリンピック競技で、何十人ものプレイヤーが同時に競い合って遊ぶ形式となっている。

プレイヤーは、ゲーム内通貨の「VTG」が獲得できる他、過去の大会のマスコットや競技のピクトグラムをモチーフにしたNFTのピンバッチを手に入れることができるという。

獲得したNFTピンバッチは、nWayのNFTマーケットプレイス「nWayPlay」で売買も可能となる。またゲームの公式サイトを確認すると「VTG」はプレイヤーウォレットからDEX(分散型取引所)で他の通貨との交換ができ、さらに「nWayPlay」でも利用できるようだ。

なお「VTG」はバイナンススマートチェーン(BSC)で発行されていることもサイトで確認できた。

「Olympic Games Jam Beijing 2022」はAndroidおよびiOS対応で、2月3日より無料でダウンロードできるとのこと。発表によると、発売後も定期的にソフトウェアアップデートを行い、新しいコンテンツや競技、イベントなどが追加される予定とのことだ。

なお、「あたらしい経済」編集部が実際にアプリストアを確認したところ、同ゲームを見つけることができなかった。サイト上に対象国などのアナウンスはないが、おそらく日本居住者は利用できない設定になっていると思われる。

2022.2.4 17:00追記

当ゲームをインストールできたという声をいただき、編集部が再度調査したところ、iOS版は日本対象外と表示され、Android版ではインストールおよびプレイできることも確認できた。ただし「VTG」およびNFTピンバッチの取得可否については現在のところ不明。

nWayとICOは昨年6月、オリンピックをモチーフにしたピンバッジのNFTの販売及び、それを用いたビデオゲームの開発を発表していた。

NFTピンバッチはすでに「nWayPlay」で売買が行われており、レア度「LEGENDARY」のピンバッチは7,850ドル(約90万円)で販売されているものもある。

なお当時の発表によると「nWayPlay」はダッパーラボの独自ブロックチェーン「FLOW(フロウ)」が基盤となっているとのことだ。

関連ニュース

国際オリンピック委員会(IOC)がNFT販売発表、アニモカと共同で、ブロックチェーンはFlow

参考:nWayOlympicGames Jam:Beijing 2022

デザイン:一本寿和
images:iStocks/BalkansCat・noLimit46

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/29話題】ArthSwap厳しい滑り出し、クラーケンJPが元素騎士メタバース上場など(音声ニュース)

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落、国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始、米コージェント銀行、ブロックチェーンでの決済サービス導入、米サークルとNYCB、カストディパートナー契約、カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ、投資企業サイファーパンク、ビットコインとイーサ全て売却、ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場、JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」、ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道、クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発、、ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ、コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ、ペルシジャジャカルタ、「Socios. com」でファントークン発行へ

Sponsored