メタマスクがビットコインやソラナ等の非EVM対応可能に、コンセンシスが「MetaMask Snaps」オープンβ版公開

コンセンシスが「MetaMask Snaps」オープンβ版公開

web3ウォレットのメタマスク(MetaMask)にサードパーティー開発者による拡張機能を追加する「メタマスクスナップス(MetaMask Snaps)」のオープンベータ版が公開された。メタマスク開発元の米ブロックチェーン関連企業コンセンシス(Consensys)が9月12日発表した。

これまでメタマスクに機能追加がされる場合、全てコンセンシスが雇用する開発者によって独占的に開発が進められていた。しかしこの「メタマスクスナップス」によって、サードパーティの開発者が作成した機能をメタマスクに追加可能になった。これによりメタマスクが個人のニーズに合わせてカスタムできるようになる。

コンセンシスは、希望する機能をメタマスクに構築するよう開発者を招待することで、ウォレットのイノベーションを分散化する最初の企業になると述べている。

今回「メタマスクスナップス」のオープンベータ版では初期段階として、34のスナップ(Snap)が公開されている。

「メタマスク」はこれまでEVM(イーサリアムバーチャルマシン)互換のブロックチェーンに対応するウォレットであったが、各スナップによりビットコイン(Bitcoin)やソラナ(Solana)、コスモス(Cosmos)、アプトス(Aptos)、スイ(Sui)などの非EVMブロックチェーンにも接続が可能になったとのこと。

その他の「スナップ」には、トランザクションの検知機能やウォレット間のメッセージング機能なども今回のオープンベータ版にて公開されている。

なおこれら「スナップ」は、セキュリティ監査を経たうえで、メタマスクチームによって最終的にリストに追加されたとのことだ。

「メタマスクスナップス」は現在、デスクトップ型(グーグルエクステンション)にのみ対応しており、利用には「メタマスク」を最新版にする必要がある。

関連ニュース

参考:コンセンシスMetaMask Snap
デザイン:一本寿和

images:iStocks/bestdesigns

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み