先物取引DEX「ApeX Protocol」、流動性プール「SLP V2」リリース

ApeX Protocolが新バージョンの流動性プールをリリース

分散型取引所(DEX)のエイペックスプロトコル(ApeX Protocol)が、新たなバージョンの流動性プール「SLP V2」のリリースを9月4日に発表した。なお同プールは、すでに稼働開始している。

エイペックスプロトコルは、大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイビット(Bybit)によって設立されたインキュベーター「ダヴィオンラボ(Davion Labs)」のサポートを受け、誕生した先物取引用のプラットフォームだ。

エイペックスプロトコルが提供するトレードプラットフォームには、スタークウェア(StarkWare)開発のレイヤー2スケーラビリティ・エンジン「スタークエクスStarkEx」が採用されており、それによりほぼ即時の決済が実現している。

「スマート流動性プール(SLP:Smart Liquidity Pool)」はエイペックスプロトコルが提供する流動性プールで、資金の預け入れで利回りが得られる。最低100USDCから参加可能だ。

エイペックスプロトコルは「SLP」のベータ版として「SLP V1」を5月に提供を開始。数分で全ての参加枠が埋まるほどの人気を博していた。その後、何度か参加枠の上限が増やされたが、それ以降その枠は直ぐに埋まる状態が継続していた。

今回稼働開始した「SLP V2」では「SLP V1」に比べリスクが軽減されており、より高い利回りを得られるという。またプールの上限が毎週増加するとのこと。上限は50万USDCから1か月かけて200万ドルにまで段階的に増加するという。

プールの上限を増加させる正確なタイミングは公開されていないが、ユーザーが推測できるよう週を通していくつかのヒントや手掛かりを公開するとのことで、エイペックスプロトコルのX公式アカウントをチェックするようアナウンスされている。

なお「SLP V1」は終了する予定であることも発表されており、できるだけ早くプールから資金を引き出し、「SLP V2」プールに加入することを推奨されている。

関連ニュース

参考:エイペックスブログ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Blue-Planet-Studi

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資