スカイランド、ETFのオンチェーン取引プラットフォーム「Cindex」へ出資

SkylandがCindexへ出資

ベンチャーキャピタルファンドのスカイランドベンチャーズ(Skyland Ventures)が、オンチェーンアセット取引プラットフォーム「Cインデックス(Cindex)」の資金調達ラウンドに参加したことを8月26日発表した。

CインデックスはETFやインデックス・パーペチュアル、保険商品などのアセットを単一のプラットフォーム上で取引できる分散型取引所(DEX)だ。

CインデックスのETFは現在プロトタイプとなっており、ブロックチェーン取引に適したフォーマットにカスタマイズされているという。またCインデックスはBNBチェーン主催のインキュベーションプログラムにおいて1位を獲得している。

スカイランドベンチャーズはETFについて「現在、暗号資産を含むETFは基本的に非常に厳しい制限がかけられており、ほとんどの国では上場することすらできません。一方で、株式市場のような伝統的な市場では、ETFは市場全体におけるAUMのおよそ30%近くを占める大きな需要を持つ商品です」と発表にて説明している。

なおスカイランドベンチャーズは、シードスタートアップ投資をメインに行うベンチャーキャピタルファンドだ。

同社によるブロックチェーン・暗号資産関連への投資案件として今年は、web3セキュリティサービス提供の「ゴープラスセキュリティ(GoPlus Security)」や、イーサリアムレイヤー2ソリューション開発の「タイコ(Taiko)」、ソウルバウンドトークン(SBT)を開発・管理するワンストッププラットフォーム「デソール(Desoul)」、NFT詐欺防止ツール提供の国内プロジェクト「ケッカイ(KEKKAI)」がある。

関連ニュース

images:iStocks/ChrisGorgio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した