スカイランドベンチャーズ、web3特化50億円規模ファンド設立

スカイランドベンチャーズ、web3特化50億円規模ファンド設立

国内ベンチャーキャピタル(VC)のスカイランドベンチャーズ(Skyland Ventures)が、web3特化のファンドを総額50億円規模で設立したことが4月28日に分かった。web3特化の新ファンドの名称は「Skyland Ventures 4号投資事業有限責任組合(SV4号ファンド)」。

SV4号ファンドは、インターネット領域全般のVC投資に加え、web3分野において国内外のスタートアップへのエクイティ及びトークンでの投資を積極的に行っていくとのこと。

またこのファンドはすでにweb3スタートアップ6社への投資もしくは投資合意に至っているとのことだ。具体的に2022年4月時点で7億円の出資コミットメントに至っているという。

そして現在のポートフォリオはSNS「Yay!」を運営するnanameue、ふるさと納税×NFTのあるやうむ、VRNFT制作ツールのゼネシス、NFTサービス提供のPictoria、Listen to Earnアプリ提供予定のWall of Death、NFTコレクションCool Girl NFT運営のCool Connectと発表されている。

Skyland Venturesパートナー・CEOの木下慶彦氏は、次のようにコメントしている。

===============

Skyland Ventures4号ファンドを新規に組成し、初期に出資コミット頂いた皆様ありがとうございます。Web3分野への投資は日本ではまだ一般的ではありません。

僕らにとってWeb3分野にフォーカスすることは、新しい可能性に向き合うことでもあると共に、あまり日本国内で例が無いため新しい挑戦でした。

また、組成を開始した2022年1月頃には4名だったSVのメンバーは、2022年4月に10名になり、今後も優秀なメンバー達のジョインが決まっています。

これはWeb3領域(Crypto・NFT・Blockchain)の未来を信じ、VCというフィールドで働きたい人材が多くいることに他ならないと思います。 新しいメンバーとして弁護士・ビデオクリエイター出身者など特殊スキルを持つ者や海外在住者・日本国籍以外のグローバルなメンバーからの参加もあり、ジェンダーを問わず、多数の個性的なメンバーが集いました。

現在、インターネット分野においても、国内マーケットは実質的な鎖国状態が長く続いています。Web3は日本を鎖国から開放できる唯一の手段であると考え、新しいテクノロジーを使ってグローバルに挑戦する若手スタートアップとVC投資を通じてご一緒できることを楽しみにしています。

===============
images:iStocks/Aramyan・BadBrothe
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も