ビットフィネックスがバランスシートでビットコイン保有、ライトニングやRGBに再投資

ビットフィネックスの企業としてビットコイン保有が明らかに

海外暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフィネックス(Bitfinex)の最高技術責任者(CTO)パオロ・アルドイーノ(Paolo Ardoino)氏が、ビットコイン(BTC)を企業として保有していることを9月3日発表した。

パオロ・アルドイーノ氏は、「BTCから多大な恩恵を受けている暗号資産取引所は、利益の一部をBTCに再投資すべきだ」とし、ビットフィネックスではBTCを「ライトニングネットワークやリキッドネットワーク、RGBプロトコルに再投資している」とX(旧ツイッター)で説明した。

またメディア「ブロック(The Block)」は、情報筋の話をまとめる形で、「ビットフィネックスはバランスシート上でBTCを保有している」とし、「ビットフィネックスはこれまで取引手数料の一部をBTCで保有してきた」と9月4日に報じている。なお報道によると、ビットフィネックスが保有しているBTCの数量については、明らかになっていないという。

なおオンチェーン情報を追跡する為のインテリジェンス・プラットフォーム「アーカム(Arkham)」では、ビットフィネックスは約17.8万BTCを保有しているというデータが確認できる。ビットフィネックスは、アーカムにおけるBTC保有ランキングで、暗号資産取引所バイナンス(Binance)の約24.8万BTCに次ぐ第2位となっている。

ライトニングネットワークとRGBについて

ライトニングネットワークとは、ビットコインブロックチェーンのオフチェーン・スケーリングソリューション。ブロックチェーンの外で取引を行うオフチェーン取引により、BTCの決済速度の向上や少額決済(マイクロペイメント)、安価な送金手数料を実現する技術である。

なおRGBプロトコルとは、2017年に考案されたビットコインネットワーク上でスマートコントラクトを実現するためのプロトコルだ。RGBプロトコルは、ビットコインブロックチェーンだけでなく、ライトニングネットワークの機能性も拡張することから、ライトニングネットワーク上での分散型金融サービスの提供を可能にする技術として注目されている。

関連ニュース

参考:Paolo Ardoino氏The BlockArkham
デザイン:一本寿和
images:iStocks/VPanteon・LongQuattro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored