パンケーキスワップv3、CAKEステーキングで取引手数料を分配開始

パンケーキスワップが取引手数料を分配開始

大手DEX(分散型取引所)パンケーキスワップ(PancakeSwap)が、同プロトコル提供のステーキングサービス参加者に対し、同プロトコルが得た手数料収入の一部を分配することを7月31日に発表した。

手数料収入が分配されるステーキングプールは、パンケーキスワップが発行するネイティブトークン「CAKE」用のステーキングプール「CAKEプール」だ。「CAKEプール」はこれまでも提供されていたステーキングプールであり、手数料収入の分配はこれまで提供されていた利回りに追加して支払われる形になる。

分配される手数料収入は、パンケーキスワップの3つ目のバージョンである「パンケーキスワップv3」でスワップの手数料としてプロトコルが得たものだ。このうち0.01% および 0.05%が科せられた取引ペアの利用で得られた手数料収入の5パーセントがステーキング参加者に分配される。

なお受け取れる手数料収入の分配は、プールに預け入れた「CAKE」の量とロックの期間によって決定される。預け入れる「CAKE」の量が多くなるほど、またステーキングプールに「CAKE」をロックする期間が長くなるほど受け取れる分配の量が増えるとのこと。

手数料収入の分配はUTC(世界標準時)で毎週水曜日に1回行われる予定であり、第1回目の分配は8月2日23:59までにステーキングプールに参加し、 8月9日23:59までステーキングに参加したユーザーに行われる。なお8月3日以降に参加した場合でも、2回目以降の手数料収入の分配は受け取ることが可能だ。

なおパンケーキスワップは手数料収入の分配開始を記念して、8月に行われる分配に6月と7月に蓄積された手数料収入の分配分を追加して支払う「収益分配ボーナス」を開催するとのことだ。

ちなみにパンケーキスワップは先日7月27日、マルチチェーン化の一環としてイーサリアム(Ethereum)のL2ネットワークのzkSync Era(zkシンクエラ)に「パンケーキスワップv3」をローンチしている。

これにより「パンケーキスワップv3」ではzkシンクエラの他、BNBチェーン、イーサリアム(Ethereum)メインネット、アプトス(Aptos)、ポリゴンzkEVM(Polygon zkEVM)4つのメインネットにて稼働することになった。なお「パンケーキスワップv3」では、リネア(Linea)のゴエリ(Goerli)テストネットにも対応している。

関連ニュース

参考:パンケーキスワップ
images:Aramyan

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察