クラーケンにトロンのステーブルコイン「TrueUSD(TUSD)」上場

クラーケンにTUSD上場へ

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、暗号資産トゥルーUSD:TrueUSD(TUSD)を取り扱うことを6月29日に発表した。

同取引所でのTUSD取引及び入出金は、6月29日よりすでに開始されている。

なおクラーケンで取り扱うTUSDは、トロン(Tron)ネットワーク上のトークンのみになるという。他のネットワークからの入金については、TUSDを失うことになるため注意が必要である。

トゥルーUSD(TUSD)とは

TUSDはトラストトークン(TrustToken)によって発行される米ドルペッグのステーブルコイン。第三者の会計事務所によって検証された法定通貨準備金によって完全に担保されているという。

TUSDは現在暗号資産取引所であるバイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、ビットフィネックス(Bitfinex)などのほか、分散型取引所(DEX)のユニスワップV3(Uniswap V3)でも取引可能である。

なお現在の時価総額は暗号資産のうち26位の約30億ドルである(7/4 コインマーケットキャップ調べ)。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和

images:iStoks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/21話題】デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討、英判事がクレイグライトは嘘ついたと指摘など

デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討開始、三菱UFJ信託・プログマ・KlimaDAO JP・オプテージら、自称ビットコイン発明者クレイグライト、主張裏付けのため繰り返し嘘をついたと英国判事が指摘、国内初、バイナンスジャパンに「サイバーコネクト(CYBER)」上場へ、国内3例目のマスクネットワーク(MASK)も、Gala Gamesがセキュリティインシデント報告、50億GALAが不正発行、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、渋谷区と提携し小委員会設立へ、トレント大教授、ブロックチェーンの耐量子暗号システムへの移行の必要性を指摘、ミームコイン作成・取引の「Pump. Fun」元従業員逮捕、約125億円の損失被害後