米クラーケンが英F1チーム「Williams Racing」と提携、初パートナーに

クラーケンNFTの保有者への特典も

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所のクラーケン(Kraken)が、英国のF1チーム「ウィリアムズ・レーシング(Williams Racing)」との提携を3月28日発表した。

これによりクラーケンは、「ウィリアムズ・レーシング」の公式web3パートナーとなったとのこと。なおクラーケンにとってF1チームとの提携は、今回が初の事例となる。

なおこの提携により、2023年に行われるF1ロレックス・オーストラリアグランプリにて、アレクサンダー・アルボン(Alexander Albon Ansusinha)とローガン・サージェント(Logan Hunter Sargeant)が運転する「ウィリアムズ・レーシング」のFW45レースカーの後輪とリアウイングへ、クラーケンのロゴマークが表記されるとのことだ。

クラーケンは今回の提携を「世界中のコミュニティが経済的自由を実現できるよう、暗号資産の普及を促進させるという私たちの使命をさらに促進させるもの」だと伝えている。

なおクラーケンが運営するNFTマーケットプレイスにおいて「ウィリアムズ・レーシング」のNFTが販売されるようだ。このNFT保有者の中から抽選で、保有NFTが「ウィリアムズ・レーシング」のリアウイングに展示される機会が提供される予定とのことだ。

暗号資産取引所とプロスポーツチームとの提携例

OKXは昨年6月、イングランドのプロサッカークラブであるマンチェスター・シティFCと提携。OKX初となるサッカー分野へのスポンサーシップとなった。

バイナンス(Binance)は、ブラジルサッカー連盟、イタリアのサッカーチーム「ラツィオ」やポルトガルの「FCポルト」などのクラブと提携。昨年6月にはサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo dos Santos Aveiro)氏との複数年にわたる独占的なパートナーシップ契約を締結している。

またコインベース(Coinbase)は今年1月、ドイツのサッカークラブのボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)のプレミアムパートナーになったことを発表した。

関連ニュース

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論