ブロックのビットコインウォレット「Bitkey」が外部β版公開へ、コインベースとの提携も

ブロックのビットコインウォレット「Bitkey」がβ版公開へ

米ブロック(Block)開発のセルフカストディ型ビットコインウォレット「Bitkey(ビットキー)」の外部ベータ版プログラムへの参加募集が、6月15日開始された。

また同日には、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)およびブロック提供のモバイル決済サービス「Cash App(キャッシュアップ)」とのグローバルパートナーシップ締結もビットキー社から発表されている。

このパートナーシップにより、「ビットキー」一般公開後には、同アプリ内からコインベース提供の「Coinbase Pay(コインベースペイ)」および「キャッシュアップ」を介してBTCが購入可能になるとのことだ。

「ビットキー」は、モバイルアプリ型のウォレットの他、ハードウェアデバイスとリカバリーツールがセットで提供されるサービスだ。中央集権的な管理者に暗号資産(仮想通貨)を預けずに、ユーザー自身が秘密鍵管理を行い、暗号資産の保管を行うセルフカストディ型ウォレットの形式をとる。

「ビットキー」のベータ版は、今まで親会社のブロックの従業員以外には提供されていなかったというが、今回一般ユーザー向けに外部ベータ版として提供が開始される予定だ。今回それにあたり、外部ベータ版プログラムへの参加募集が開始された。

外部ベータ版の参加には、6月30日23:59(PT:日本時間7月1日16:59)までにビットキー社が公開したフォームから申請を行う必要があるという。なお当選した場合には、7月末までにメールで連絡が来るという。当選者はハードウェアデバイスを受け取る為に送付先住所をビットキーへ伝える流れとなる。

ちなみに「あたらしい経済」編集部が外部ベータ版の応募要件を確認したところ、参加国の制限について特に指定はされていなかった。そのため応募フォームから居住国を日本と記載し、参加申請することも可能だった。

なお「ビットキー」のグローバルでの一般公開は、今年後半に予定されているとのこと。公開時には米国・カナダ・英国・ブラジル・オーストラリアなどを含めたコインベースの市場にて「ビットキー」からのBTC購入に対応するとのこと。なお「キャッシュアップ」の対応は米国のみとなるようだ。

 

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:コインベース
デザイン:一本寿和

images:iStocks/your_photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している