米ブラックロック、SECへ現物ビットコインETFの申請書提出

報道受けビットコインの価格は上昇

米大手資産運用会社ブラックロック(BlackRock)が、現物(スポット)のビットコイン(BTC)で構成される上場投資信託(ETF)組成に関する申請書を、米証券取引委員会(SEC)へ6月15日に提出した。

ブラックロックが申請したETFの名称は「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust)」だ。

iシェアーズ(iSharres)というのはブラックロックが運用するETFブランドだ。ちなみにiシェアーズは世界のETF市場において世界最大のシェアだという。

提出書類によれば、今回申請された「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」の資産は、「トラストの代理としてカストディアンが保有するビットコインで主に構成される」という。なおカストディアンは大手暗号資産(仮想通貨)取引所のコインベース(Coinbase)だ。価格決定にはコインベースのスポットマーケットデータが活用され、キャッシュカストディアンはバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNY Mellon)になる予定とのことだ。

SECはこれまで、グレイスケール(Grayscale)、ヴァンエック(VanEck)、ウィズダムツリー(WisdomTree)、クリプトン(Kryptoin)、ヴァルキリー(Valkyrie)など複数の資産運用会社の現物のビットコインETFの申請を却下してきた。

直近では5月9日に、シーボー・グローバル・マーケッツ(Cboe Global Markets)が、同社運営の株式取引所「シーボーBZX取引所(Cboe BZX exchange)」へ現物のビットコインETF「ARK 21Shares Bitcoin ETF」を上場するための申請をSECに行っていた。なおシーボーが同ETFの上場をSEC求めるのはこれで3度目であった。

米国において現物のビットコインETFは、いまだ承認に至っていない。もし今回申請された「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」が承認されれば、初の事例となる。この報道を受け、ビットコインの価格は24時間比で約1.7%上昇。執筆時点(2023年6月16日11:20)で約357万円の値を付けている(コインマーケットキャップ調べ)。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:申請書
images:iStock/Funtap

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達