ブラックロック、暗号資産・ブロックチェーン関連企業のETF申請

ブラックロック、暗号資産・ブロックチェーン関連企業のETF申請

米資産運用企業ブラックロック(BlackRock)が、ブロックチェーンと暗号資産に特化した企業のETF(上場投資信託)の申請書類を、SEC(米国証券取引委員会)に1月21日に提出したことが分かった。ブラックロックが申請したETFの名称は「iSHARES® BLOCKCHAIN AND TECH ETF」だ。

iシェアーズ(iSharres)というのはブラックロックが運用するETFブランドである。ちなみにiシェアーズは世界のETF市場において世界最大のシェアだという。

申請書類によれば、このETFはニューヨーク証券取引所のブロックチェーン企業のインデックス「NYSE FactSet Global Blockchain Technologies Index」に連動して価格算出される予定とのことだ。ETFを構成する企業名は現時点では具体的に明らかになっていないが、暗号資産マイニング、暗号資産取引・交換、暗号資産マイニングシステム開発に関連する企業が含まれるという。

ブラックロックは昨年3月にビットコイン先物投資を行なっていたことを明らかにしている。またブラックロックは運用するファンドを通して、昨年10月に暗号資産(仮想通貨)取引所FTXを運営するFTXトレーディングへ出資を行なっている。

参考:SEC
デザイン:一本寿和

images:iStocks/kieferpix

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored