ブラックロック、暗号資産・ブロックチェーン関連企業のETF申請

ブラックロック、暗号資産・ブロックチェーン関連企業のETF申請

米資産運用企業ブラックロック(BlackRock)が、ブロックチェーンと暗号資産に特化した企業のETF(上場投資信託)の申請書類を、SEC(米国証券取引委員会)に1月21日に提出したことが分かった。ブラックロックが申請したETFの名称は「iSHARES® BLOCKCHAIN AND TECH ETF」だ。

iシェアーズ(iSharres)というのはブラックロックが運用するETFブランドである。ちなみにiシェアーズは世界のETF市場において世界最大のシェアだという。

申請書類によれば、このETFはニューヨーク証券取引所のブロックチェーン企業のインデックス「NYSE FactSet Global Blockchain Technologies Index」に連動して価格算出される予定とのことだ。ETFを構成する企業名は現時点では具体的に明らかになっていないが、暗号資産マイニング、暗号資産取引・交換、暗号資産マイニングシステム開発に関連する企業が含まれるという。

ブラックロックは昨年3月にビットコイン先物投資を行なっていたことを明らかにしている。またブラックロックは運用するファンドを通して、昨年10月に暗号資産(仮想通貨)取引所FTXを運営するFTXトレーディングへ出資を行なっている。

参考:SEC
デザイン:一本寿和

images:iStocks/kieferpix

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored