Curve Finance、ステーブルコイン「crvUSD」発行担保として「wstETH」サポート開始

「crvUSD」発行の担保として「wstETH」がサポート開始

DeFi(分散型金融)プロトコルのカーブファイナンス(Curve Finance)で、同プロトコル発行の米ドルステーブルコイン「crvUSD」の発行担保としてリド(Lido)の「stETH」をラップした「wstETH」が6月8日に利用可能になった。

この決定は同プロトコルのガバナンスによって6月8日に可決したもので、全票数のうち84.5パーセントがこの投票に投じられ、そのすべてが賛成票となった。なお「wstETH」を担保として発行できる「crvUSD」の上限は1億5000万枚に設定されている。

「wstETH」はリキッドステーキングを提供するリドが発行する「stETH」をラップしたもので、L2ネットワークで保有する「ETH」をステーキングする際に利用される。

「crvUSD」を発行する際に担保としてこれまで利用出来た通貨は、フラックスファイナンス(Flux Finance)が発行する「sfrxETH」のみであり、今回サポートが開始された「wstETH」は2つめとなる。

「crvUSD」は5月4日に発行が開始されたステーブルコインで、新しい価格維持アルゴリズム「LLAMMA」が採用されている。同アルゴリズムは、担保通貨の価格の変動に合わせて担保を自動で売買する仕組みとなっており、これにより担保通貨の価格変動による、急な精算が発生するリスクが減らされているという。

なお「crvUSD」は発行が開始されてからいくつかのバグが発見され、何度かの再発行が行われている。現在流通しているものは、今のところバグが発見されておらず挙動は安定していると報告されている。

関連ニュース

参考:ガバナンス
デザイン:一本寿和

images:iStocks/justinroque

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ