石川県珠洲市でステーブルコイン発行へ、Digital Platformerが北國銀行らと提携で今冬予定

Digital Platformerが北國銀行とQRインベストメントと提携

Digital Platformer(デジタルプラットフォーマー:DP)が、北國銀行とのブロックチェーン技術を活用したステーブルコインの発行を目的とした業務提携の締結を4月27日発表した。また併せてDPは、この業務提携を強固にするために、北國銀行の関連会社であるQRインベストメントと資本提携を締結したとのことだ。

DPらは、ブロックチェーンのインターオペラビリティ(相互運用性)を活用し、石川県内全域で流通するデジタル地域通貨「石川トチカ」の実現を目指すとのこと。それにあたり石川県珠洲市から取り組みを実施するという。

2023年度夏ごろには、デジタル地域通貨サービス「珠洲トチツーカ」のサービス提供の開始と、加盟店での決済で利用可能な珠洲市が発行するポイント「珠洲トチポ」を実装を予定。

そして2023年度冬ごろに、北國銀行が発行体となる珠洲市内で利用可能なステーブルコイン「珠洲トチカ」の流通開始を予定。その後は県内の他市町との連携を進め、前述した「石川トチカ」の石川県内全域での流通を目指すとのことだ。

なおこの取り組みには、DPが開発するデジタル通貨・分散型ID発行プラットフォーム「SHIKI」を活用するとのこと。「SHIKI」により、取引記録の透明性の担保や、暗号化技術による改ざん・コピーの防止などブロックチェーンの特性を活かし、安全でトレーサビリティの高い決済システムを提供するとのことだ。

「あたらしい経済」編集部は、「SHIKI」で採用しているブロックチェーン基盤について現在DPへ確認を取っている。返答が得られ次第、この記事に追記させていただく予定だ。

関連ニュース

参考:北國銀行
デザイン:一本寿和
images:iStocks/frema

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored