DeFiプロトコル「Curve Finance」、イーサL2「zkSync2.0」でローンチへ

DeFiプロトコル「Curve Finance」、zkSyncでローンチへ

DeFi(分散型金融)プロトコルのカーブファイナンス(Curve Finance)が、「ズィーケーシンク2.0(zkSync2.0)」のメインネット上にデプロイされ、利用可能になることが12月14日に発表された。

カーブファイナンスは、ステーブルコイン向けに開発されたDeFiプロトコル。イーサリアム(Ethereum)やアバランチ(Avalanche)、セロ(Celo)、ファントム(Fantom)、ムーンビーム(Moonbeam)などといったブロックチェーンの他、ポリゴン(Polygon)やアービトラム(Arbitrum)、オプティミズム(Optimism)といったL2と呼ばれるブロックチェーンにもマルチチェーン対応している。なおカーブファイナンスはDeFiにおける24時間の取引量がユニスワップ(Uniswap)に続く第2位で、およそ2億3000万ドルとなっている(12月15日DeFi Llama調べ)。

また「zkSync2.0」はマターラボ(Matter Labs)が開発しているイーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューション。

同チェーンは暗号技術を利用した証明技術「ゼロ知識証明」を用いて、計算を別のレイヤーで行い結果だけを正当性を保ったまま元のネットワークに送り返す「ズィーケーロールアップ(ZK Rollup)」というアーキテクチャを採用している。これにより、レイヤー2ネットワークでありながらもイーサリアムのセキュリティ設計をそのまま継承しているという。

なお「zkSync2.0」はzkSyncの新しいバージョンのネットワークであり、現在テストネットがローンチした段階であるため、メインネットはまだ利用できない。

カーブファイナンスのCEOマイケル・エゴロフ(Michael Egorov)氏はマターラボのブログにて「zkSyncはEVM互換のレイヤー2ソリューションでイーサリアムのスケーリングの問題を解決しました。彼らのプラットフォームで信頼できる、低ガスでユーザーフレンドリーなアプリケーションを作成するのが待ちきれません」と語っている。

「zkSync2.0」は12月14日、セキュリティ監査への対応を理由にメインネットのリリース予定を2023年の第1四半期から、第2四半期へと変更している。

関連ニュース

Matter Labsが約280億円調達、「zkSync2.0」オープンソース化へ

イーサリアムL2「zkSync2.0」、100日以内にメインネット予定

イーサリアムのレイヤー2技術「zkSync」開発Matter Labs、シリーズBで約56億円調達

「B Dash Crypto」web3ピッチ優勝は「Bunzz」、準優勝は「0XDEBE」(B Dash Camp 2022 Fall)

【取材】NFTマーケットプレイス「tofuNFT」、X2Y2と戦略的提携

参考:マターラボ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ploystock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した