USDCの米サークル、シンガポールで大手決済機関ライセンス取得

米サークルがシンガポールで大手決済機関ライセンス取得

米サークル・インターネット・フィナンシャル(Circle Internet Financial)が、シンガポールの機関投資家に対して、米ドルステーブルコイン「USDC」を提供することが可能になったと6月7日発表した。

発表によると、サークルの関連会社であるサークル・インターネット・シンガポール(Circle Internet Singapore)はシンガポール金融管理局(MAS)より大手決済機関(MPI)ライセンスを取得したとのこと。

このライセンスによりサークルシンガポールは、機関投資家が「USDC」にアクセスするためのアカウントを含む商品やサービスを通じて、デジタル決済トークンサービスを同国において機関投資家向けに提供できるようになったとのことだ。

サークルは今回のMPIライセンス取得について「サークルシンガポールがMASからMPI ライセンスを取得したことは、サークルが責任あるデジタル金融テクノロジー企業として高い評価を得ていることを裏付けている」と述べている。

なおサークルは2022年11月、MASより主要決済機関ライセンス保持者として原則承認を取得していた。これによりサークルは、シンガポールで決済に関連するトークン商品、ボーダレスな送金サービス、また国内での送金サービスを提供できるようになっていた。

その後今年5月にサークルシンガポールは、同国にオフィスを開設していた。

関連ニュース

参考:サークル
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Abscent84・Kandl

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察