米サークル発行のユーロステーブルコイン「Euro Coin(EUROC)」、アバランチに対応

サークル発行「EUROC」がアバランチでローンチ

米ドルステーブルコイン「USDC(USD Coin)」を発行するサークル(Circle)が、同社発行のユーロステーブルコイン「EUROC(Euro Coin)」をL1ブロックチェーンのアバランチ(Avalanche)上にローンチしたことを5月25日に発表した。

「EUROC」はユーロ(EUR)と1:1でペッグされたトークンだ。2022年6月にイーサリアム(Ethereum)ネットワーク上のトークン規格「ERC-20」で発行されている。今回のアバランチでの「EUROC」サポートは2つ目のブロックチェーン対応となった。

なおアバランチはイーサリアム(Ethereum)の「EVM(イーサリアムバーチャルマシン)」と互換性のある仮想マシンを持っている。そのためアバランチでは、イーサリアム上にデプロイされたトークン用のスマートコントラクトを含むほぼすべてのスマートコントラクトをほとんど修正することなくデプロイすることができる。そのため「EUROC」をアバランチでローンチすることは容易である。

サークルの発表の中でアバランチ開発元のアバラボ(Ava Labs)のビジネス開発担当のヴァイスプレジデントであるジョン・ナハス(John Nahas)氏は「ユーロコイン(EUROC)をアバランチブロックチェーンに導入することは、アバランチにとって極めて重要な瞬間であり、開発者とエンドユーザーに新たな可能性をもたらします。」とコメントしている。

サークルは4月26日に「クロスチェーン転送プロトコル(Cross-Chain Transfer Protocol:CCTP)」をローンチしており、イーサリアムとアバランチ間でより安全にトークンを転送できるようになった。今後「CCTP」はソラナに対応することも発表されている。

ちなみにサークルは昨年11月、2023年前半に「EUROC」をソラナ(Solana)でローンチする発表をしていた。しかし、記事執筆時点ではいまだローンチされていない。

関連ニュース

参考:サークルEUROC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/nevarpp

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored