コインベースにサークル発行のステーブルコイン「Euro Coin(EUROC)」上場へ

コインベースにEUROC上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、ユーロペッグのステーブルコイン「ユーロコイン:Euro Coin(EUROC)」の取り扱い予定を2月22日発表した。

同取引所でのEUROCの取り扱いは流動性条件が満たされ次第、2月27日9:00(日本時間28日2:00)から開始する予定。

「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange:取引所)」で取り扱われるとのこと。

取引ペアについては、EUROC-USDおよびEUROC-EURがサポートされる予定。

また今回の新規銘柄の取り扱いはコインベースサービス提供地域のうち一部は対象外となるとのこと。日本についてはコインベースが事業縮小による取引停止をしているため、国内でのEUROCのサポートは対象外となる。

なお今回取り扱いとなるEUROCはイーサリアムブロックチェーン上に発行されるERC-20トークンだ。

またEUROCは新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付けられる「Experimental label(実験的ラベル)」の対象通貨となっている。このラベルは、市場の状況で取引量が増えた場合に削除される予定だ。

ユーロコイン(EUROC)とは

ユーロコイン(EUROC)は、ステーブルコインにおいて時価総額2位のUSドルコイン(USDC)などを発行するサークルによるステーブルコインだ。銀行に保管されているユーロに100%裏打ちされている完全準備金モデルのステーブルコインとして、EURCOはユーロと1:1の価値比率によってペッグ(維持/固定)されている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStock/agcuesta

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored