米コインベースにソラナ上の「Access Protocol(ACS)」上場へ

米コインベースにACS上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、暗号資産アクセスプロトコル:Access Protocol (ACS)の取り扱い予定を2月15日に発表した。

同取引所でのACSの取り扱いは流動性条件が満たされ次第、2月15日9:00(日本時間16日2:00)から開始する予定。「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange:取引所)」で取り扱われるという。

取引ペアについてはACS-USDがサポートされる予定だ。

今回の新規銘柄の取り扱いはコインベースサービス提供地域のうち一部は対象外となるとのこと。日本についてはコインベースが事業縮小による取引停止をしたため、ACSのサポートは対象外となる。

なお今回取り扱いとなるACSはソラナブロックチェーン上に発行されるトークンだ。

アクセスプロトコル(ACS)とは

アクセスプロトコルは、デジタルコンテンツクリエーターに新たな収益モデルの導入を提供するプロジェクト。ACSはアクセスプロトコルのネイティブトークンで、サービスを利用する際にユーザーが利用することになる。

なおアクセスプロトコルはオープンソースであり、ブロックチェーンに依存しないサービスとのこと。初めにソラナ(Solana)ブロックチェーンとスタークネット(Starknet)でローンチするとしている。

関連ニュース

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない