D&IインベストメントG、ビットフライヤーHDの株式を一部取得

D&IインベストメントGがビットフライヤーHDの株式を一部取得

D&Iインベストメントグループが、bitFlyer Holdings(ビットフライヤーHD)の株式を、一部既存株主から取得したことを5月30日発表した。

なお取得額や取得数などの詳細については、公開されていない。

ビットフライヤーHDは、国内暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyer(ビットフライヤー)を傘下に持つ企業。先日4月より創業者の加納裕三氏が4年ぶりの代表取締役への復帰を果たし、話題となっていた。

D&Iインベストメントグループは、「加納氏の目標である『アジアNo.1のweb3 カンパニー』に向けて動き出した同社の一員になれる事に大きな意義を感じている」と今回の株式取得についてコメントをしている。

なお加納氏はビットフライヤーHDの他、取引所を運営するビットフライヤーの代表取締役にも選任されており、また設立当初から代表取締役を務めるビットフライヤーブロックチェーンでも代表取締役を続投している。

関連ニュース

参考:D&Iインベストメントグループ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/greenbutterfly

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資