メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数30万人突破。提供開始2ヵ月強で

メルカリのBTC取引サービスが利用者数30万人突破

フリマアプリ「メルカリ」内のビットコイン(BTC)取引サービスの利用者数が、サービス提供開始後2か月強で30万人を突破した。同サービスを提供するメルカリの子会社メルコインが5月23日発表した。

「メルカリ」のビットコイン取引サービスは、3月9日から段階的にユーザーへ提供を開始。同月16日には全ユーザーが申し込み可能となり、そこから2週間で口座開設者数が10万人を突破していた。

メルコインによると、その口座開設者10万人のうち77%は暗号資産の取引歴を「なし」と回答しているという。メルコインは多くのユーザーが「メルカリ」によって初めて暗号資産取引を体験したと述べている。

またメルコインは、同社のビットコイン取引サービスによってビットコインを購入したユーザーの65%がメルペイ残高を保有していると説明。このことから「メルカリで使わなくなったものを売って得た売上金を使って、簡単にビットコイン取引を始められること」が利用者の拡大に繋がっていると、同社の考えを伝えている。

「メルカリ」のビットコイン取引サービスでは、「メルカリ」での売上金や残高・ポイントでビットコインが購入でき、購入は1円から対応している。

またアプリ内でビットコインの売却も可能で、売却により得た日本円残高でメルカリにて買い物もできるという。

なお同サービスにおいては、ライト層にまず利用してもらうことを目的としているとのことで、ビットコインの入出庫(外部ウォレットへの送金等)およびビットコイン以外の暗号資産には現状対応していない。

ちなみにビットコインの売買におけるスプレッド(購入価格と売却価格の差)は、売買共に1%とのことだ。

関連ニュース

参考:メルコイン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/atdigit

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察