丸紅AM・三菱UFJ信託・SBI証券がセキュリティトークン活用の不動産ファンド組成へ、Progmatで

セキュリティトークン活用の不動産ファンド組成

丸紅アセットマネジメント(丸紅AM)と三菱UFJ信託銀行、SBI証券が協業し、資産裏付型セキュリティ・トークン(ST)の公募・運営を行うことを5月22日発表した。

発表によれば、丸紅AMは、不動産ファンドの資金調達手段の1つして資産裏付型STを組成するという。

同3社によるSTは、山手線沿線に所在するレジデンスを投資対象とし、各種デジタルアセットの発行・管理基盤「Progmat(プログマ)」を用いた受益証券発行信託スキームで運営されるとのことだ。

なお「プログマ」は、エンタープライズ向けブロックチェーン「Corda(コルダ)」を採用した、デジタルアセット全般の発行・管理基盤である。

公募ST案件における各社の役割

今回発表された公募ST案件は、丸紅AMにとって第一号案件となる。また投資対象不動産に対するアセットマネジメント業務は同社が受託する予定とのことだ。

また親会社の丸紅が、同STへセイムボート出資を行う予定であることも明かされている。なおセイムボート出資とは、資産運用会社のスポンサー(資産運用会社の大株主)が当該投資法人の投資口を購入・保有することである。

同STの主幹事はSBI証券が務める。SBI証券が取扱うSTでは最小単位の1口10万円で1口単位での募集を予定しているとのこと。

また三菱UFJ信託銀行は「プログマ」提供の他、投資対象資産の信託受託者も担うとのことだ。

公募ST案件の詳細

投資対象となるのは、東京都豊島区駒込の賃貸レジデンス「グランエール駒込」で、「MFシェア 駒込レジデンス(譲渡制限付)」という商品名で取り扱われる。

発行価額の総額は8億3600万円で、運用期間は約5年間を予定している。

国内企業におけるSTの取り組み

国内企業における最近のSTの取り組みとしては、三井物産デジタル・アセットマネジメントとLayerX(レイヤーエックス)が、STを通じて「安定資産」に投資できる個人向けオンライン資産運用サービス「ALTERNA(オルタナ)」を正式ローンチしたと5月22日発表した。

同サービスでは、三井物産グループの不動産・インフラなどの実物資産に1口10万円からの小口投資が可能になるとのことだ。

関連ニュース

参考:三菱UFJ]信託銀行
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Aramyan・BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored