米コインベース、ビットコイン担保の現金貸出サービスを閉鎖へ

ビットコイン担保の現金貸出サービスを閉鎖へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、ビットコインを担保に現金を貸出すサービス「コインベースボロー(Coinbase Borrow)」の提供をやめるようだ。複数メディアが5月4日以降続々と報じた。

報道によれば、5月3日にコインベースからユーザーへ向けて、サービス廃止に関するメールが届いたという。「コインベースボロー」では5月10日以降、新規ローンの受付を廃止するとのこと。なお未払いローン(借入残高)への影響はなく、ユーザーは引き続き、ローン履歴やダッシュボードにアクセスすることができるとのことだ。

THE BLOCKによれば、サービス廃止の理由は需要の低迷だという。

同サービスは2021年11月より開始。ユーザーはコインベースの口座に保有するビットコインの価値の40%と同程度の現金を最大100万ドル借り入れることができた。なお借り入れは信用調査なしで変動年率(APR)は8.7%であった。

関連ニュース

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Nature

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察