米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止

米コインベースが暗号資産貸付サービス提供中止

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、6月に発表し実施を予定していた暗号資産貸付サービスの提供を中止することが9月17日分かった。

コインベースのこの判断は、このサービスが米証券取引委員会(SEC)より「有価証券である」との指摘を受けたことによるものだ。

SECより指摘を受けたのは、ユーザーがコインベースに米ドルペッグのステーブルコインUSDCoin(USDC)を貸し出すことで、4%のAPY(年利)を得られる「CoinbaseLendプログラム」と呼ばれるサービスだ。

このサービスは今年6月に発表されており、ユーザーはウェイティングリストに登録しローンチを待っている状態だった。またコインベースはサービスローンチにあたり半年以上前よりSECと対話を続けていたとのことだ。

しかしSECは同サービスが「有価証券にあたる」理由をコインベースに説明せず、財務または財務報告に関連する違反を犯している可能性を調査中であることを企業に通知する「ウェルズ通知」を9月1日に送っていたことが公表された。

これに対しコインベースはSECとの対話続けていく姿勢を見せ、「CoinbaseLendプログラムについては少なくとも10月まで開始することない」と当時説明をしていたが、今回サービスの提供は断念せざるを得なかったようだ。

コインベースはサービス提供中止について「当社は、暗号産業全体の規制の明確化に向けた取り組みを継続する中で、以下に発表したUSDC APYプログラムを開始しないという難しい決定を下しました」と説明をしている。

関連ニュース

コインベースの暗号資産貸付サービス、米SECが提訴の可能性

参考:コインベース
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。