米コインベース、オフショアデリバティブ取引所「Coinbase International Exchange」を発表

コインベースがオフショア取引所を発表

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所のコインベース(Coinbase)が、オフショアデリバティブ取引所「コインベースインターナショナルエクスチェンジ(Coinbase International Exchange)」の立ち上げを5月2日発表した。

発表によれば、同デリバティブ取引所はバミューダにて設立されたという。具体的なサービス提供対象国は言及されていないが、「米国以外の的確な管轄区域に拠点を置く機関投資家」へサービス提供を行うという。

また同デリバティブ取引所において最初に取り扱われる商品は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の「パーペチュアル取引(永久先物取引/無期限先物取引)」で、最大で5倍のレバレッジ取引を提供するという。

なお「パーペチュアル取引」とは、現物と先物、CFD(差金決済取引)の特徴を併せ持つデリバティブ取引だ。従来の先物取引では契約時に決済満期日と、その日にいくらで売買するのかを決定するが、パーペチュアルには限月が無く、無期限に建玉を保持することが可能だ。

またコインベースは声明にて、「コインベースインターナショナルエクスチェンジ」が、バミューダ通貨庁(BMA)と協力して透明性・コンプライアンス・協力の高い規制環境を確立していることを強調。

同デリバティブ取引所には、外部マーケットメイカーが提供する流動性、流動的な証拠金要件と担保評価、高水準の顧客保護・リスク管理の仕組み、厳格なコンプライアンス基準に対応した清算体制が導入されているとのことだ。

コインベースのCEO兼共同創設者のブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)氏は、4月17日~18日に英ロンドンで開催された「フィンテック・ウィーク(Innovate Finance Global Summit)」にて、「数年後、米国で規制の明確化が見られない場合、世界の他の場所への投資を検討しなければならないかもしれない」との意向を明かしていた。

米国以外のユーザーへ向けた暗号資産取引所を運営する動きは、徐々に広がりつつある。

4月21日には暗号資産取引所運営の米ジェミナイ(Gemini)が、米国外でデリバティブ取引を提供するプラットフォーム「ジェミナイ・ファウンデーション」を近日中に立ち上げることを発表している。

関連ニュース

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ustinroque

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で