仏BNPパリバと中国銀行が提携、中国デジタル人民元普及へ=報道

中国デジタル人民元普及促進へ

仏金融機関のBNPパリバが中国銀行(BOC)と提携し、法人顧客向けに中国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタル人民元(e-CNY)」普及に乗り出す。香港のメディアであるサウスチャイナ・モーニング・ポストが5月5日報じた。

報道によれば、BNPパリバ・チャイナの法人顧客は管理システムを通じて、「デジタル人民元」での支払いが可能となるという。

同管理システムでは「(顧客の)デジタル人民元ウォレットを銀行口座にリンクさせる」ことができ、「効率的でリアルタイムかつ便利な(デジタルキャッシュ)実務」が容易に行えるという。

またBNPパリバは、中国のCBDCを、スマートコントラクト・サプライチェーンファイナンス・公共料金やクロスボーダー決済等の分野で利用拡大することを検討するとのことだ。

なお今回の報道では、上記取り組みの具体的等な開始時期などは記されていない。

BNPパリバ・チャイナ最高経営責任者のCG・ライ(CG Lai)氏は、「今回の提携は、中国市場に対する当社のコミットメントを改めて示すものであり、私たちは今後もデジタルイノベーションを通じて顧客サービス能力を高め、中国の経済発展に寄与していく」と述べている。

「デジタル人民元」は昨年1月、モバイルウォレット「WeChat Pay」に対応すると現地メディアによって報じられた。また同年6月には、中国の広東省深圳市の市民を対象に、3000万人民元(約5.7億円)相当が抽選配布されている。

関連ニュース

参考:South China Morning Post
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Floaria-Bicher

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】バイナンス前CEOのCZがUS会長職を退く、TISとフィナンシェがIEO支援サービスなど

バイナンス前CEOのCZ、Binance.USの会長職を退く、BitMEX元CEOアーサーヘイズ、米国のCZとBinanceへの扱いを「馬鹿げている」と主張、IMF、世界銀行、BIS、が初の「トークン化」協力へ=ロイター、TISとフィナンシェ、「IEO支援サービス」提供開始、コイントレード、アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供開始、オーケーコインジャパンにドージコイン(DOGE)上場へ、国内9例目、ビットバンク、ギャンブルサイトへの取引を制限、アニモカブランズ、UAEのゲームスタジオ「Farcana」へ出資

Sponsored