DEXアグリゲーター「1inch Network」、イーサL2「zkSync Era」でローンチ

1inch NetworkがzkSync Eraでローンチ

DEX(分散型取引所)アグリゲーターの1インチネットワーク(1inch Network)が、「zkSync Era(zkシンクエラ)」上でのプロトコルローンチを4月20日に発表した。

「zkSync Era」で利用可能になったのは1インチアグリゲーションプロトコルと、1インチリミットオーダープロトコルだ。

アグリゲーションプロトコルは1インチのメインのプロトコルであり、さまざまなDEXから最適な取引を算出することで効率の良いトレードを提供している。またリミットオーダープロトコルは、DEX上で指値注文を可能にするプロトコルである。

「zkSync Era」は、マターラボ(Matter Labs)開発のイーサリアム(Ethereum)レイヤー2スケーリングソリューションであり3月末にメインネットをローンチしたばかり。なお同ブロックチェーンはゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)を活用したロールアップ技術「ZKロールアップ(ZK Rollups)」を採用しており、EVM(イーサリアムバーチャルマシン)と互換性のある仮想マシンを持っている。

また「zkSync Era」には、スマートコントラクトを利用したウォレットのコントラクトウォレットを利用することでユーザーがアカウント(ウォレット)から直接スマートコントラクトを使用可能にする技術「アカウント抽象化(Account Abstractio:AA)」がネイティブで採用されている。

「zkSync Era」ではすでに200以上のプロジェクトがローンチを検討しており、ユニスワップ(Uniswap)やカーブファイナンス(Curve Finance)などでのローンチが既に決定している。またDeFiレンディングのアーベ(Aave)も同ブロックチェーンでのローンチに対する温度感調査のためのガバナンス投票が賛成多数で終了している。

なお現在zkSync EraのTVL(預かり資産額)は約2億4600万ドルとなっている(4月21日L2BEAT調べ)。

関連ニュース

参考:1inch Network
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も