イーサリアムL2「zkSync Era」、メインネットα版を全ユーザーに公開

「zkSync Era」のメインネットα版が一般公開

イーサリアム(Ethereum)レイヤー2スケーリングソリューション「zkSync Era(zkシンクエラ)」のメインネットアルファ版が、全ユーザーへ公開された。同ネットワーク開発元のマターラボ(Matter Labs)が3月24日発表した。

「zkSync Era」は昨年2月にテストネットで公開され、同年10月よりメインネットでの運用が開始していた。なお今回までは、開発者がクローズドな環境でアプリケーションを展開してテストできるようにする為、エンドユーザーに公開されていなかった。

発表によると今回のアルファ版公開にあたり、OpenZeppelin(オープンツェッペリン)などの監査企業による7回のセキュリティ監査が行われた他、3回の内部監査、2回のパブリックセキュリティコンテスト、オープンエンドのバグバウンティプログラム、コードのオープンソース化などを実施してきたとのことだ。

またアルファ版では出金の遅延や脆弱性の監視、新たな監査とバウンティプロクラムの実行、安全保障理事会の創設など行っていくとのことだ。

「zkSync Era」は、「zkEVM」に分類されるL2ネットワークだ。「zkEVM」はゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)を活用したロールアップ技術「ZKロールアップ(ZK Rollups)」を採用し、EVM(イーサリアムバーチャルマシン)に互換性を持っている。

なお「zkEVM」を採用したL2ネットワークは、米コンセンシス(ConsenSys)やポリゴン(Polygon)なども開発を進めている。

マターラボ開発の「zkSync Era」の大きな特徴として、「アカウント抽象化(Account Abstractio:AA)」がネイティブで採用されていることだ。

「アカウント抽象化」は、いままで利用されていた外部所有アカウント(EOA)からスマートコントラクトアカウント(CA)にアップグレードすることで、ユーザーがアカウント(ウォレット)から直接スマートコントラクトを使用可能にする技術。

これにより、EOAで必要とされていたシードフレーズや秘密鍵が必要なくなり、ウォレットの生体認証や選択した第三者によるソーシャルリカバリーが対応可能になるという。他にもGas代(ネットワーク手数料)が任意のトークンやクレジットカードを選択して支払い可能になることや、複数のトランザクションをロット単位で一度に送信することも可能になり、Gas代の削減にも有効になるとされている。

なお「zkSync Era」での独自トークン発行については、未定とのことだ。

「zkSync Era」は、今年2月に「zkSync2.0」から改名されており、2020年12月に公開された前バージョンの「zkSync1.0」も「zkSync Lite(ジーケーシンクライト)」へ名称変更している。

関連ニュース

参考:マターラボ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored